緒方龍一が芸能界を引退!グループ脱退及び芸能界引退の真相とは?

w-inds.緒方龍一が心身症で電撃脱退 芸能界を引退!

男性3人組、w-inds.の緒方龍一さん(34)が心理的な要因で身体に表れる心身症を理由に5月末をもってユニットを脱退し、芸能界を引退する意向であることが分かりました。
近年は、芸能界を引退する芸能人が相次いでいますが、事実上の引退を当日に発表するというのは珍しく、ファンにとっては名残を惜しむ間もない引退となりました。
契約を終了した所属事務所ライジングプロダクションは、ファンクラブサイトで、緒方さんが医療機関で心理社会的ストレスの影響から「心身症」と診断されたことを公表。
本人から自身を見つめ直すために脱退の申し出があったことを明かしました。
w-inds.は、来年3月にデビュー20周年を迎えますが、その区切りの前に決断をしたかったのかもしれません。
関係者によれば、新型コロナウイルスの影響もあっての脱退と引退でもあるということです。
w-inds.は今後、千葉涼平さん(35)と橘慶太さん(34)2人で継続して活動を続けていきます。

緒方龍一、「この数年間、精神的に不安定なことが続いていた」

緒方さんは「この数年間、精神的に不安定なことが続いていました。こんな状態のまま活動を続けていく事がw-inds.crewとメンバーにとって嬉しい事なのか、と悩みました」と吐露。
その上で、「またいつか元気な姿でみなさんにお会いできますよう、自分らしく精進していきたい」と、いつの日か芸能界にもどってくる可能性も覗かせました。
w-inds.は、2000年都内でストリートパフォーマンスを開始し、01年3月にデビュー。
レコード大賞新人賞受賞や紅白歌合戦出場などの他にアジアでも絶大な人気を誇ります。
しかしその一方、人気とは裏腹に国内の歌番組に出演することが極端に少なく、裏では同じ若手男性グループが多く所属するジャニーズ事務所からマスコミに圧力があったのではと噂されていました。
アジアに進出していったのも、日本国内では圧力があった為と思われます。
緒方さんは長年に渡り様々な要因の中で葛藤しながら芸能活動を続けてきたのでしょう。
本人の言うこの数年の精神的な不安定の要因の一部であることが想像できますね。

緒方龍一脱退に、千葉「寂しい」橘「感謝」

緒方さんが脱退後も、グループとして活動を続ける千葉さんと、橘さん(34)はそれぞれコメントを発表しています。
緒方さんとは北海道が同郷の千葉さんは「個人的にはグループ結成前から合わせて22年の付き合いとなります。数え切れないほどの笑い合った楽しい思い出があり、今はすごくさみしく悔しい気持ちでいっぱいです。」と寂しがり、「いつかまたステージの上で一緒に音楽を楽しめるそんな日が来ることを願いながら僕自身もさらに自分を磨いて頑張りたいと思います」と述べました。
また橘さんも「19年間一緒に歩いてくれたことに感謝しています。」と綴り、「(20周年を)ファンの皆様と3人で迎えるという大きな目標、約束を果たせずに申し訳なさと悔しさでいっぱいです。本当にごめんなさい。僕達は、これを一つの終わりではなく、新たな始まりとして前を向いて進んでいきたいと思います。」とファンに対してもコメントしています。
3人グループで1人が欠けるということは相当のダメージでしょう。
しかし、20周年を目指して気持ちを新に活動していってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です