坂本勇人がコロナ陽性!症状はどの程度で球団の対応は?

巨人・坂本勇人、大城卓三両選手が新型コロナ陽性

巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定が出たと発表しました。
この日、巨人は東京ドームで西武との練習試合予定していましたが、検査の結果報告を受けて開始1時間前の午後1時に急遽中止になりました。
坂本・大城の両選手は2日の練習試合にも出場していただけに、驚きましたね。
巨人は5月29日~31日の間に全91選手・首脳陣・スタッフの希望者218人に抗体検査を実施しました。
そのうち、坂本・大城を含めた選手、スタッフの4人について、新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す「IgG抗体」が確認されたそうです。
それを受けて球団は専門家の指導の下、都内の医療機関に協力を依頼し、2日夕方に抗体が確認された4人にPCR検査実施し、坂本・大城選手に陽性判定を確認しました。
残りの2人は陰性だったそうです。

坂本勇人・大城卓三、コロナ「微陽性」で無症状

球団によると坂本・大城両選手は、新型コロナウイルスの遺伝子量(CT値)が微量で、正常値にわずかに届かない「微陽性」という状態だそうです。
当日も西部との練習試合に出場するつもりで準備を整えていたぐらいで、現在も体調に問題はなく、味覚と嗅覚にも異状はないとのこと。
2人は回復を示す「IgG抗体」を持っており、感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの専門家の見解もあるそうです。
6月に入り、政府はさまざまな自治体によって抗体検査が実施されていますが、「IgG抗体」「微陽性」という言葉は、坂本・大城両選手の報道で初めて出てきた用語ですね。
都内の病院に入院した坂本選手は「無症状なので、正直、驚きました。チームから離れて残念。(回復後)開幕に備えて準備していきたい」と話しています。

坂本勇人・大城卓三の感染、6月19日の開幕に影響なし!?巨人は5日から練習試合を開催予定

巨人は東京ドーム内で選手が多く使用した場所を中心に消毒を実施しました。
また保健所が特定した球団外の野球関係者を含む9人の濃厚接触者に加え、独自に検査を受けるべきと判断した17人の計26人について、3日夕方にPCR検査を行いました。
さらに、安全を期す為に1軍選手、監督、コーチ、スタッフ全員も4日にPCR検査を実施することを決定しました。
この結果次第ではありますが、巨人は5日のヤクルトとの練習試合を予定通り行うことにしています。
坂本・大城両選手は入院したものの、感染からすでに時間がたっているとみられ、4日以降毎日PCR検査を行い、陰性が確認でき次第、チームに合流する予定です。
日本野球機構(NPB)も19日の開幕には影響ないとコメントを発表しています。
このニュースから3~4月には、PCR検査は、症状があってもなかなか受けられない状態だったという報道がありましたが、今では望めばすぐに受けられる体制になったということもわかりました。
これまではPCR検査の陽性だけが注目されてきましたが、今後は抗体検査の結果がますます注目されそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です