道端アンジェリカが離婚!?今後の活動はどうなる?

美人局疑惑で芸能活動休止中だった道端アンジェリカ、活動再開へ

夫の恐喝事件から“美人局(つつもたせ)疑惑”が浮上し、休業していたモデルの道端アンジェリカさん(34)が、芸能活動を再開させることが14日、わかりました。
アンジェリカさんは、再開に伴い、スポーツニッポンのインタビューに応じると共に、15日、自らのインスタグラムを更新し、所属していた事務所を辞め、独立したことも報告しました。
インスタグラムでは、動画を投稿し、「私は昨年10月23日に恐喝容疑で書類送検されました。事件になるようなことは一切なく、隠すことも何もなかったので、映像など出せるデータを全て出し、捜査に全面協力いたしました。」と事件の赤裸々な経緯を説明。
その上で、「10月25日に東京地検が不起訴とし、事件がなかった事を認めて頂いております」と、自らが罪に問われることはなかったことを報告しました。
モデルのインスタグラムで、「恐喝容疑」や「書類送検」という言葉が飛び出してくるのは異例のことです。
驚きましたが、潔白を示して再出発への決意を示したかったのでしょう。

道端アンジェリカ、 美人局疑惑で何があったのか

アンジェリカさんは、美人局疑惑につて、スポニチのインタビューでも激白しています。
飲食店経営の夫(38)は、昨年8月、会社役員の知人男性を「おまえの家族をめちゃくちゃにしてやる」などと脅し、指定口座に35万円を振り込ませた疑いが持たれています。
夫は2カ月後に逮捕されますが、恐喝現場にアンジェリカさんが同席していたことや、前日にアンジェリカさんと恐喝された男性が飲食店の個室で親密にしていたことから、夫としめし合わせて金銭をゆすりとる美人局ではないか?という疑惑が持たれてしまいました。
しかし、飲食店というのは夫の経営するお店で、夫も同席していたこと。
親密にしていたというのは、慣れないお酒を飲んでしまって、ついはっちゃけてしまっただけ。
夫が相手男性に怒ったのは、酔った自分と相手男性が見た夫が、不愉快に思って怒ってしまったということでした。
この様子は、店内の防犯カメラに映し出されていたので、警察にそれを提出して納得してもらったということです。
提出した動画に、金銭を要求する場面は一切なく、警察から事件性は否定されましたが、アンジェリカさんは自分が夫を怒らせてしまったことが原因であることを認め、深く反省しているようです。

道端アンジェリカ、現在離婚競技中!今後は「シングルマザーとして頑張ります」

昨年10月24日から活動を休止していたアンジェリカさんが、活動再開を決意したのは1歳11カ月の長男の存在が大きいそうです。
この件が元で、夫とは現在別居中で離婚協議に入ったことを涙ながらに告白しています。
アンジェリカさんは息子さんを育てるために芸能界で活動再開を決意。
すでに、出版社から仕事の依頼がきているようです。
ただ、彼女を待ち構える状況は優しくはありません。
ハーフタレントとして知名度の上がったアンジェリカさんですが、最近の芸能界ではハーフタレントは飽和状態。
モデルとしても、年齢的な問題や子供がいることがネックになりかねません。
さらには今年世界中を襲ったコロナ禍で、芸能界自体が停滞気味なことは言うまでもありません。
独立し、事務所の支えもない中での再出発は過酷なものになるでしょう。
息子さんのためにも、さまざまな困難に打ち勝ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です