ユニクロのマスクの機能がヤバい!その特徴とは?

ユニクロ「エアリズムマスク」を6月19日に発売!

「ユニクロ(UNIQLO)」が、機能性商品「エアリズム」を使ったマスクを6月19日に発売することを発表しました。
オンラインストアで取り扱う他、全国のユニクロ店舗でも販売します。
一時は大変な品薄状態だった国内マスクですが、現在は不織布マスクも市場にあふれるようになっています。
しかし、不織布マスクは蒸れてしまう為、暑い夏場用に涼しいマスクを求める声が高まっていました。
ユニクロは当初、マスク製造には消極的でしたが、顧客からの要望があったことを受け、通気性のよいエアリズム生地を活用したマスクの開発に着手しました。
価格は3枚セットで税別990円。
洗濯用の洗剤を使用して洗濯機で洗うことが可能で、20回洗濯しても高機能フィルターが一定の効果を持続するということです。
何度も洗って使えるマスクが一枚あたり330円なら、経済的です。
サイズはこども向けのSサイズ、MサイズとLサイズの3サイズを展開し、カラーはホワイトのみです。
サイズ展開が豊富なことも消費者にとっては嬉しいですね。

ユニクロマスクは機能抜群!「汗ばんでもサラサラ」、ウイルス・花粉・UVカット加工も!

エアリズムマスクは、表側から「メッシュ素材」「高性能フィルター」「エアリズム」の3層構造になっています。
「メッシュ素材」はUVプロテクション機能を有し、紫外線を90%カット(UPF40)、「高性能フィルター」は飛沫、細菌やウイルスが付着した粒子、花粉などもカット(BFE99%カット)します。
不織布マスクを使っていて肌荒れを起こしてしまったという意見もよく聞かれますが、エアリズムマスクは、元々ユニクロで肌着に使われていた素材で、なめらかな肌ざわりで、汗ばんでもサラサラするのが特徴です。
長時間着用しても肌ざわりの心地よさが続くという夏には特に使ってみたいマスクに仕上がっています。
販売に際して、ひとり各サイズ1パック、合計3パックまでの購入制限を設けます。
製造国は中国で、当面の間は毎週50万パックのペースで継続的に生産する予定だということです。

ユニクロだけじゃない!?企業、布マスク続々発売

不織布マスクが巷にあふれる中、布マスクに目をつけたのはユニクロだけではありません。
無印良品は、オーガニックコットンを使用した夏マスクを発売。
ミズノが販売する水着生地を使用したマスクは2万枚が即日完売しました。
ヨネックスの熱を吸収するキシリトール素材を使用したマスクも販売即日に在庫切れとなっています。
このほか、ふとんの西川やイオン、洋服の青山なども布マスク販売が話題になっています。
夏にも快適に使用できる素材が求められていることに加え、不織布マスクのポイ捨てが問題になりつつあり、今後より一層布マスクが求められてくるかもしれませんね。
ただ、コロナ禍以前は、マスクの供給を殆ど中国に頼っていた為、品薄で苦しんだこともあり、SNSでは、布マスクであっても中国製であることに拘りを持つ意見も目立ちました。
今後は、国産の布マスクを求める声も上がってくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です