清原翔が脳出血で緊急手術!?容態は?

俳優・清原翔、脳出血で緊急手術「予断を許さない状態」

俳優の清原翔さん(27)が脳出血の緊急手術を受けたことを18日、所属事務所であるスターダストプロモーションが発表しました。
清原さんは12日に外出先で不調を訴え、搬送先の病院で同日中に手術が行われました。
事務所は「現在のところ命に別条はないものの、予断を許さない状態が続いており、当面の間治療に専念させていただくこととなりました。」としています。
清原さんは、明大理工学部在籍時の2013年にモデルデビューを経て、16年から役者としても活動を広げました。
昨年は、NHK朝ドラ「なつぞら」で、広瀬すずさん演じるヒロインの“お兄ちゃん”照男役を好演し、一気に知名度を上げ、フジテレビ系「アライブ がん専門医のカルテ」、TBS系「恋はつづくよどこまでも」、FODの「東京ラブストーリー」ではかつて、江口洋介さんが演じた三上健一役を演じ、今、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長している俳優です。
すでに撮影が開始している7月16日から放送のフジテレビ系「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」でも主要キャストとして出演が決まっていました。

過去に脳疾患が見つかった芸能人たち、清原翔の復帰待たれる

脳出血には脳内出血とくも膜下出血があります。
どちらも中高年に多い病であり、27歳で起こることは稀だと言われています。
これまでに脳疾患を患った芸能人が幾人もいます。
フリーアナウンサーの大橋未歩さん(41)は2013年1月、34歳の時に脳梗塞で倒れ、ろれつが回らないなどの症状に苦しみましたが、約7ヶ月半の療養を経て9月3日に復帰しました。
また、星野源さん(39)は2012年12月、31歳の時、楽曲制作とレコーディングが終わった直後にクモ膜下出血で倒れました。
手術は成功しましたが、直後は痛みと神経過敏が24時間襲い続けたそうです。
Mr.Childrenの桜井和寿さん(50)も、2002年7月、32歳の時に倒れ、半年間ツアーや活動を休止しましたが12月に復帰しています。
他にも磯野貴理子さん(56)やラモス瑠偉さん(63)など、脳疾患を患いながら、復帰された芸能人やスポーツ選手は数多くいます。
清原さんのはっきりした病名はまだ発表されていませんが、なんとか乗り越えてほしいですね。

清原翔、心配の声続々「回復願う」

清原さんのニュースを受けて、多くの方が心配の声をあげています。
俳優の山田裕貴さんは自身のツイッターを更新。
山田さんは、NHK連続テレビ小説「なつぞら」や「HiGH&LOW」シリーズで清原さんと共演していました。ツイートでは「清原翔 また一緒に酒飲むぞ!!」とエールを送っています。
同じく「なつぞら」を出演していた女優の北乃きいさんはインスタグラムで「清原くん。驚きすぎて言葉がないです。本当に、、、」と書き出し、「1番驚いたのも、1番悔しいのも、1番悲しいのも清原くんだよね。早く治るように心からお祈りしています。皆さんのお祈りも清原くんにおくってもらえたら嬉しいです。どうか届きますように」と綴りました。
このほか、清原さんが出演する映画「サヨナラまでの30分」や「東京ラブストーリ」、「MEN’S NON-NO」公式アカウントでも清原さんの回復を願うツイートが呟かれ、大きな反響を呼んでいます。
体調の回復を願いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です