新型豚インフルエンザの症状とは?中国政府の対応は・・

中国で新型インフルエンザを確認 パンデミックの可能性も…

中国の研究者らは6月29日、新型の豚インフルエンザが確認され、パンデミック(世界的な大流行)が起きる可能性もあると、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表しました。
「G4」と名付けられた新型豚インフルエンザの株は、遺伝的に2009年に流行した豚インフルエンザH1N1に由来するもだといいます。
2009年の新型インフルエンザは、日本でも大流行し、感染した患者が推計で164万人、累計の患者数も902万人に上ることが発表されています。
研究者らが行った実験では、G4は感染力が強いそうです。
また、養豚関係者を対象に実施した抗体検査では、10.4%が過去に感染したことがあるとの結果が出ました。
養豚関係者以外の一般の人々の抗体保有率は4.4%となっていることから、すでに豚からヒトへの感染が起こっていることは明らかなようです。
科学者らは、まだ確認はされていませんが、ヒトからヒトへの感染が起きるかどうかに注意をはらっています。
場合によっては、人間によるパンデミックの可能性も否定できないだけに、新型コロナウイルスがまだ終息しない中、大変心配されますね。

新型豚インフルエンザの症状とは!?一方中国は重大視しない姿勢

論文は中国国内の複数の大学と、中国疾病対策予防センター(CCDC)の研究者らが執筆しています。
ウイルスを用い、人間と似た発熱、せき、くしゃみといったインフルエンザ症状を示すフェレットを使ったものを含むさまざまな実験を行ったようです。
新型豚インフルエンザウイルス、これまでのインフルエンザと同様の発熱やせき、くしゃみといった症状があるようですね。
しかし、中国外務省は7月1日、この懸念を重大視しない動きを見せました。
同省の趙立堅報道官は定例会見で、「論文の中で言及されたG4はH1N1ウイルスの亜種」であり、「検体数は少なく、全体像を表すものではないというのが、専門家らの結論だ」と述べています。
現在、人から人への感染の証拠は見つかっておらず、中国当局はG4の感染者数については明言していません。
しかし、新型コロナウイルスでも当初中国はヒトヒト感染を否定していたものの、2月6日になってから、調査の結果2019年12月頃からヒトヒト感染があったと発表しています。
暫くは養豚関係者らの経過観察を行っていくそうですが、より注意深く見ていかなければなりませんね。

新型豚インフルエンザ、また中国からウイルス発生

世界を震撼させている新型コロナウイルスの猛威がまだ収まらない中で、新たなウイルスの脅威が伝えられたことには、正直、「またか」と思ってしまいます。
新型コロナウイルスは、中国の武漢から発生し、元々の宿主はコウモリと推定されています。
動物のウイルスがヒトに感染する人獣共通感染症によるパンデミックは、これまで何度も人類を脅かしてきましたが、過去4回のパンデミックのうち、アジア、香港の2回は、中華圏が発生源と言われています。
また、2002年のSARSコロナウイルス は、中国南部が気炎とされ、ヒトの感染は見られなかったものの、鳥インフルエンザや、豚インフルエンザの起源も中国である場合が多く見受けられます。
中国では動物を生で食べる習慣があるところが多く見受けられますが、それが原因の一つではないかと言われています。
今回発見された新型豚インフルエンザは、今のところまだ広がりを見せてはいませんが、広まることなく終息してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です