つぼみ大革命をつんく♂がプロデュース!吉本アイドルを引き受けた理由とは?

吉本アイドル・つぼみ大革命、つんく♂の全面プロデュース決定!

結成10年目を迎えた吉本興業所属のアイドルグループ・つぼみ大革命が7thシングル「逆襲のYEAH!」(10月7日発売)で、音楽プロデューサーのつんく♂さんの全面プロデュースを受けることが決定しました。
つんく♂さんは、コメントで、「正直何度か『ごめんなさい』ってお断りしてたユニットです。」と、これまでに何度もプロデュースの打診があったことを明かしています。
その何度も断ったユニットを今回引き受けることにしたのは、つぼみ大革命の担当者が、かなり熱心に幾度も依頼してきたことに、「こんな熱い担当が芸能界にまだ残ってるんやなってちょっと熱い気持ちになった」からなのだそうです。
つんく♂さんと言えば、やはりモーニング娘。を中心としたハロー!プロジェクトのプロデュースが有名ですが、ハロプロ以外のアイドル、しかもお笑い界から誕生したグループをどのようにプロデュースするのか、楽しみですね。

結成10周年を迎えた、つぼみ大革命とは!?

つぼみ大革命は、2010年に、吉本総合芸能学院NSC女性タレントコースに所属するメンバーで結成されたアイドルユニットで、当初は「つぼみ」というグループ名でした。
これまでに多くのメンバー加入と卒業を繰り返し、現在は9人で活動しています。
2017年からはメンバー主導のセルフプロデュースとなり、2019年に「つぼみ大革命」へと改名しました。
昨年末には、女芸人No.1決定戦を決める「THE W」に出場し、ファイナリストになり、一躍知名度が向上。
今年に入り、ラジオで冠番組が始まったり、ドラマ主題歌が決定したりと、人気上昇に拍車がかかってきた矢先に、新型コロナウイルスの影響を受け、苦境を迎えていました。
しかし担当者の情熱で、つんく♂さんのプロデュースを受けることが決定し、結成10周年に相応しい作品になるのではないでしょうか。

つぼみ大革命のプロデュース、つんく♂「モーニング娘。で使わなかった必殺技を降臨させた」

今回のプロデュースで、つんく♂さんは、表題曲の作詞・作曲、ジャケットデザイン、衣装、振付、ミュージックビデオ(MV)を総プロデュースするそうです。
ずっと断ってきたグループを、楽曲提供だけではなく、総プロデュースするというのですから、つんく♂さんの本気具合が覗えますね。
つんく♂さんはコメントで「ずっと眠らせてきた、モーニング娘。で使わなかった必殺技を、ついに降臨させました。」と明かしています。
「構想はあったものの最終的に『LOVEマシーン』にしたという必殺技」ということなので、モー娘ファンを始め、アイドルファンからも注目される楽曲となることは間違いないでしょう。
7thシングルのカップリング曲は、つぼみ大革命の元メンバーで、昨年の「THE W」で優勝し、現在人気上昇中のお笑いユニット「3時のヒロイン」の福田麻貴さんが作詞を担当しているそうで、こちらも話題の一曲になりそうですね。
どのような楽曲になるのか、約3ヶ月先の発売が待ち遠しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です