瀬戸大也の現在のモチベーションがヤバい!五輪延期で心境に変化?

競泳・瀬戸大也、東京五輪延期で現在モチベーション維持に苦悩

競泳男子の瀬戸大也選手(26=ANA)が、五輪延期後初めて公の場に登場しました。
3日に、デサント社の新キャンペーン発表のオンライン会見に、バレーボール全日本男子の石川祐希選手(24)=ミラノ=とともに出席。
「夢」をテーマにしたトークセッションでは、今の夢について「オリンピックの金メダル」と書き「この夢はかなえたい」と話しました。
しかし、近況を尋ねられると、「練習は再開しているが、身が入らない日々が続いている。やらないといけない気持ちもありつつ、気持ち的には難しい、苦しい日々が続いている」と、新型コロナウイルスの影響で東京五輪が延期になってしまったことで、モチベーション維持に苦労している苦しい胸の内を告白しました。
本来ならば、今は東京五輪開催まっただ中だったはずです。
瀬戸選手は、「金メダルに一番近い男」と言われていただけに今の状況は大変辛いものがあるでしょう。

瀬戸大也、順風満帆で迎える予定の今年の東京五輪だった

瀬戸選手は3月の五輪延期時にSNSで「喪失感で抜け殻になりました」と心境をつづっていました。
あれから4ヶ月、現在は「完全にスイッチは入れられていない。」とは言うものの、「パフォーマンスは思った以上に保てている。だが正直、自分を見失っている。スイッチの入れ方がわからない。非常に苦しくて何を目指したいか、わかってない」と、赤裸々に今の状況を話しました。
自己分析が出来ている分、冷静でいることがわかりますね。
瀬戸選手は、2016年リオデジャネイロ五輪男子400m個人メドレーで、銅メダル。
この時金メダルを獲得したのは、瀬戸選手が中学時代からライバルであった萩野公介選手でした。
この時の悔しさをバネに、瀬戸選手は「4年後は絶対に金メダルを獲る」との覚悟で日々の練習に励んできました。
その甲斐あって、昨年の世界選手権で200mと400mの個人メドレーで2冠を達成、同12月23日には短水路の400m個人メドレーで3分54秒81の世界記録を樹立。
さらにオリンピックイヤーの今年1月にも高タイムを連発し、順風満帆の仕上がりを見せていました。
それだけに、今の状況はモチベーションを保つことは難しかったのでしょう。

瀬戸大也、持ち前の明るさと発想力を起爆材に金メダルを狙う!

現在はプールでの練習ができているものの、緊急事態宣言が出された時期は、プールでの練習も出来ない日々が続いていました。
そんな4月下旬、瀬戸選手は自宅の庭にビニール製の簡易プールを設置し、腰につけたチューブで後ろから引っ張りながら、クロールを泳ぎ続ける動画をSNSにアップしています。
こんな発想なかなかできるものではありません。
なんとか練習をという気持ちと、発想力豊かな瀬戸選手だからこそ思いついた方法でしょう。
さらに、瀬戸選手は長年教えを受けてきた梅原孝之コーチのもとを離れ、埼玉栄高時代の同級生である浦瑠一朗氏を新コーチに迎える決断をします。
現状に甘んじるよりも、変化を与えて自らのモチベーションアップに繋げたかったのかもしれませんね。
3日のオンライン会見では、「金を目指さないと始まらない。世界記録を意識したら。金メダルもついてくる。延期でショックだが、五輪がなくなってはいない。希望もあるので、目指したい」と、キッパリと語った瀬戸選手。
これから1年、精神と体調と記録を保つことは至難の業でしょうが、金メダルに向かって頑張ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です