へずまりゅうが窃盗で起訴!度重なる迷惑行為はどこまで続くのか?

迷惑系YouTuber「へずまりゅう」窃盗で起訴!スーパーで刺身を食べ盗んだ疑い

スーパーマーケットで会計前に刺し身を食べたとして、名古屋地検岡崎支部は18日、YouTuber「へずまりゅう」こと住所不定、無職、原田将太容疑者(29)を窃盗罪で起訴しました。
原田氏は5月29日、「店の商品、会計前に食ってやったぜー」というタイトルの動画をYouTubeにアップ。
これを見つけた該当店である愛知県岡崎市のスーパーマーケットの店長が、警察に被害届けを提出したことから7月11日に逮捕されていました。
刺身パックの値段は428円でした。
警察の取り調べに原田氏は「間違いありません」と行為を認めていました。
原田氏は、ツイッターで「今年のYouTubeの顔は俺がもらう」といった投稿もしており、迷惑行為をした動画で「有名になりたい」という願望が強かったように思われます。
しかし、お店にしてみたらとんだ迷惑ですよね。

へずまりゅう、逮捕後コロナ感染でさらなる迷惑行為を重ねる結果になっていた

原田氏の騒動はこれだけでは終わりませんでした。
彼が逮捕されたのは7月11日でしたが、逮捕後に発熱し、7月15日に新型コロナウィルスの感染が確認されました。
原田氏は撮影等の為、6月29日から東京や千葉、静岡、広島、山口の1都4県に滞在。
山口県では、錦帯橋や笠戸島、防府天満宮といった観光地や飲食店に立ち寄っていたのですが、そこで濃厚接触したとみられる3人の感染が確認されただけでなく、愛知県でも、動向していた20代の友人男性、逮捕現場の山口県から愛知までの護送車両に同乗した男性警察官3名、警察の留置施設にいた男性の容疑者2名、警察官の妻、他にも男性警官など、原田氏周辺で多くの人が感染し、愛知県警関係者は100人を越す人が自宅待機者となってしまいました。
原田氏はスーパースプレッダーだったようですね。
新型コロナウイスル感染者は自治体が個人情報に配慮して、個人の名を伏せるのが通常ですが、感染の少なかった山口県は非常事態ということで、知事が怒りを露わにしながら原田氏の山口県内での行動履歴を明らかにする騒動に発展しました。

迷惑系YouTuber、へずまりゅうだけではなかった

迷惑行為を配信するYouTubeは原田さんだけではなく多数存在し、以前からニュースになることもありました。
5年前には、当時19歳だった少年が売り物のスナック菓子の袋に爪楊枝で穴を空ける動画をYouTubeにアップして「つまようじ少年」と呼ばれ話題になったこともありました。
原田氏のYouTubeアカウントは、これまで何度も停止されています。(ネットスラングで垢バン)
しかし本人は「垢バンばっかで笑いが止まらん! 100回くらいバンされたら知名度も上がるし面白いやろ!」と、アカウント停止によってかえって知名度が上がることを面白がっています。
そこまでして有名になりたいという心理は全く理解できませんね。
今回の逮捕や起訴、身勝手な行為から多方面に感染を広げてしまったことを、大いに反省してもらいたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です