本並健治が丸山桂里奈と結婚!気になる会見内容は?

本並健治&丸山桂里奈、「東京ガールズコレクション」で電撃結婚を発表!

元サッカー日本代表の本並健治さん(56)と、元サッカー女子日本代表でタレントの丸山桂里奈さん(37)が5日、さいたまスーパーアリーナで開催された「第31回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」(TGC)にサプライズ登場し、結婚したことを電撃発表しました。
2人はステージにウエディングドレスとタキシード姿で現われ、元日本代表の前園真聖さんが牧師役を務め、結婚式を行うという驚きの演出で結婚を発表。
すでに4日に入籍を済ませているそうです。
サッカー界にビックニュースが飛び込んできましたね。
今年の東京ガールズコレクションは、無観客で行われていましたが、配信を通して観覧していた視聴者からは、このおめでたい発表にSNSなどで、多くの祝福の声がとんでいました。

本並健治&丸山桂里奈、爆笑の結婚会見

2人は女子サッカークラブ「スペランツァ大阪高槻」で12~16年まで選手と監督の関係でしたが、その後同じ芸能事務所・ホリプロに所属し、イベントをともにしたり食事に行くなどして親交を深めていったそうです。
実際の交際は今年1月ごろ。
自然発生的だったようで、本並さんは「『付き合っているんだよね?』と言ったら、(丸山に)『ですかね』と返された」と、会見で語りました。
お互いに年齢的にも結婚を意識していたのだそうです。
8月中旬からその気持ちが強くなり、交際8ヶ月でゴールインとなりました。
結婚会見では、丸山さんの天然ボケが炸裂。
彫りの深いイケメンの本並氏を好きになった理由を聞かれ、「私は人間離れした人が凄い好きで。本並さんはほとんど顔が歩いてる人間なので、人間離れしてると思った」と珍回答したり、本並さんが「ビーフシチュー作ったって言って、出てきたのが豚のシチューだった」というエピソードを披露したり、笑いが絶えない会見となりました。

本並健治&丸山桂里奈、婚姻届の証人は明石家さんま!和田アキ子も祝福!

2人は6日、「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に生出演。
婚姻届の証人の一人が、明石家さんまさん(65)だと明かされました。
本並さんは、「浪速のイタリアーノ」という愛称をさんまさんに付けてもらったことがあるそうで、「引退後20年たちますけど、イベントで『浪速のイタリアーノどうぞ』っていうとすごく沸くんですよ」と感謝しました。
丸山さんは、「明石家さんまさんが世界で一番好きです」と、ツイッターのプロフィール欄に記載するほどのファンということもあり、ご縁があって証人になってもらったようですね。
また、歌手でタレント和田アキ子さん(70)は、「アッコにおまかせ」(TBS系)で、「(丸山が)自宅に来ました。『結婚します』って」と、自宅にまで報告しに来てくれたことを明かし、2人を祝福しました。
他にもモデルのアンミカさん(48)が、過去に2人と会食で同席した時の写真をインスタグラムで公開したり、元なでしこジャパンで米女子プロリーグのスカイブルーからINAC神戸に期限付き移籍で加入したFWの川澄奈穂美さん(34)が、自身のブログで「日体大やなでしこの大大大先輩のかりちゃんが結婚発表 おめでとーーーう」と祝福するなど、芸能界やサッカー界からもお祝いの声が多数上がっています。
皆に祝福されるビックカップルの誕生ですね。
末永くお幸せに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です