伊勢谷友介容疑者の若い頃や私生活は?今後の捜査内容が気になる!

伊勢谷友介容疑者、2ヶ月前に動画で私生活の場である自宅を披露 していた

俳優、伊勢谷友介容疑者(44)が大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されて一夜明けた9日、「自分が吸うために持っていた」と容疑を認める供述をしていることが分かりました。
逮捕当日は、「弁護士が来てからお話したい」と語っていた伊勢谷さんですが、取り調べに対して「大麻は自分が吸うために持っていたものです。日本で法に触れることは理解しています」とあっさり認めたそうです。
逮捕する2ヶ月ほど前の7月、伊勢谷さんはYouTubeで大麻を吸引していた現場と思われる自宅リビングを公開しています。
密かに行われたであろう現場を公にするなど、罪の意識はあまり持っていなかったのかもしれませんね。

伊勢谷友介容疑者の若い頃からの華やかな交際関係

伊勢谷さんといえば、長身で端正な顔立ちから芸能界屈指の「モテ男」として知られ、若い頃から人気女優やモデルらと、数々の浮名を流してきました。
最近熱愛が報じられていたモデルの森星(28)さんは、スポーツ紙の取材に「昨年中に別れています」と破局を発表しました。
森さんは伊勢谷さんの自宅近くや繁華街で、そろって歩く姿がたびたび目撃されており、あらぬ疑いを振り払うための発表と思われます。
それ以外にも、2013年に放送されたドラマ「女信長」(フジ系)での共演をきっかけに交際が噂された長澤まさみさん(33)や、広末涼子さん(40)、木村佳乃さん(44)たちの名前も今回のことで改めてクローズアップされており、伊勢谷さんの逮捕は想定外の被害を及ぼすかもしれません。
今回の逮捕では、大麻を吸う時に使うたばこの巻き紙約500枚などが大量に押収されており、常習的に吸引していたのではないかと思われます。
これから、伊勢谷さんから連なる芸能人が、芋づる的に摘発されることにならなければよいのですが。

伊勢谷友介容疑者逮捕に、古市憲寿氏「大麻は深刻な犯罪ではない」

社会学者の古市憲寿さん(35)は、9月9日放送の「とくダネ!」(フジ系)に出演し、大麻の使用について「深刻な犯罪かっていうとちょっと違うのかな」とコメントしました。
古市さんは「日本ではGHQが大麻を禁止にした。でも、当のアメリカでは合法化が進んでいる。世界的に見ても少なくても医療用大麻は合法化している国が多い中、日本だけが大麻を使っている人を極悪人のように裁くことが果たして良いのか。そろそろ時代に合わなくなってきている、という気がします」と持論を展開しました。
また、実業家の堀江貴文氏もYouTubeで海外では大麻が合法化されているケースがあることや、日本での大麻の歴史などを解説し「(伊勢谷さんを)世の中が判で押したように『見損なった』は滑稽な姿」と語りました。
しかし「とはいえ、日本では違法。規制されてますので、よい子のみなさんは、やっちゃダメですよ」とも付け加えています。
確かに現在の日本では大麻は違法です。
禁止されているものをわざわざ使用する行為は罰せられなければなりません。
ですが、世界情勢が変化している中、日本でもせめて今後の取り扱いについて議論する時が来ているのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です