新井浩文の現在の生活ぶりは?今後の芸能活動復帰が気になる!

新井浩文、控訴審初公判には出廷せず。代理人が被害女性と和解が成立と発表

2018年7月1日に派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われ、1審で懲役5年の判決を受けた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(41)の控訴審初公判(細田啓介裁判長)が12日、東京高裁で開かれました。
弁護側は1審判決を「事実誤認があり量刑は不当」とあらためて無罪を主張、検察側は控訴棄却を求め、即日結審しました。
また、新井さんは出廷せず、弁護人が、新井被告と被害女性との間で和解が成立したことを述べました。
判決は11月17日に言い渡されますが、判決の行方につて、被害女性との間で成立した和解の内容が重要になってくるようです。
内容によっては、一審の懲役5年が、懲役3年執行猶予5年くらいに軽減されるようになる可能性もあるそうで、いずれにせよ、11月17日は注目したいですね。

新井浩文の現在の生活は?

新井さんの控訴審開始は、当初春頃とみられていましたが、新型コロナウィルスの影響で先送りされ、ようやく行われたものでした。
控訴審に出廷しなかった新井さんは現在どうしているのでしょうか。
新井さんと交友関係がある芸能関係者によると、新井さんは、住んでいた東京・世田谷区内の高級マンションを引っ越し、知り合いの家を転々としているようです。
新井さんは、自分が逮捕された時に多くのマスコミが自宅に押し寄せてきたため、周囲の住人に迷惑をかけてしまったことを心配していたのだとか。
このマンションには、新井さんの他にも数組の芸能人が住んでいたそうで、新井さんも居づらくなってしまったのでしょう。
住居を失った新井さんは、現在、軽井沢からほど近い、長野県内の某有名IT社長の別荘にいるそうです。
大自然に囲まれた環境で暮らし、時には知人のパーティーに参加したり、ゴルフのコースに出ることもあるようです。
こんな時に別荘を提供してくれる知人がいるというのは凄いですね。

新井浩文、今後の芸能活動復帰はあるのか?

新井さんは、初公判時「無職です」と返答しており、「俳優」とは、答えませんでした。
ただ芸能界内に、新井さんの実力を評価する声は多いそうです。
現在、新井さんがいる別荘の持ち主である有名IT社長も、新井さんの演技力を推している方かもしれません。
仕事をしたことがあるスタッフ、キャストの間では、今後、新井さんが俳優復帰することがあれば応援したいと話している人もいるほどです。
新井さんも、現在の弁護士を信頼し、無罪は主張しているものの、有罪は覚悟しており、弁護士に任しておけば、刑務所に行くことはないと思っています。
執行猶予付きの判決をもらい、折を見て芸能界への復帰も考えているということです。
最高裁まで争うことを表明しており、時間をかけてじっくりと自らが有利な方向へ持っていきたいのでしょう。
事件から2年以上が経過し、その間に新型コロナウィルスの影響などもあり、世の中の流れが変わってきています。
それが、この事件にどう影響してくるのか、今後も見ていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です