辛坊治郎氏がヨットで2回目の太平洋横断に挑戦!?再び夢を追う理由は?

辛坊治郎氏、来年4月にヨット太平洋横断再挑戦へ!自身のツイッターで認める

ニュースキャスターの辛坊治郎氏(64)が来年4月、2回目のヨットによる太平洋横断に再挑戦することが24日、「FRIDAY DIGITAL」の報道で分かりました。
辛坊さんは自身のツイッターで「出ちゃいました。概ね本当です。皆様には改めて詳細。お伝えします」と内容を認めるコメントをしています。
前回の航海はテレビ局の企画で計画されたものでしたが今回はすべて自腹で行う決意を固めているとのこと。
無寄港しかも伴走船などもなく、単身でチャレンジするそうです。
2度目のチャレンジを計画していたとは驚きましたね。
辛坊さんは現在、テレビとラジオ6本のレギュラー番組を持つ超売れっ子です。
すでに局側に来年3月いっぱいでの番組降板を申し入れているものの、どの番組も好評で数字がいいことだけに、局側としてはこの申し出に頭をかかえているということです。

辛坊治郎氏、遭難し自衛隊に救助された過去も…

辛坊さんはが最初に太平洋横断に挑戦したのは、2013年6月に全盲のブラインドセーラー・岩本光弘氏と共に、アメリカ合衆国サンディエゴを目指した時のことでした。
16日に福島県いわき市の小名浜港を出発したものの、5日後、日本から1200キロ離れた太平洋上で、マッコウクジラと思われる生物と衝突し、ヨットが浸水。
救命ボートに非難し、約10時間後に海上自衛隊の救難飛行艇に救助されました。
この時の会見で「もう一度、太平洋横断にチャレンジする可能性は?」という質問に、「これだけたくさんの人に迷惑をかけて口が裂けてももう一回やりたいとは言えないでしょう」と答えていた辛坊さん。
多額の救助費用などにバッシングなどもありましたが、辛坊さんはすぐに日本水難救済会に500万円を寄付しています。
また、命がけで救助してくれた自衛隊員などにも、感謝と謝罪をしました。
7年が経過し、成し遂げられなかった「夢」にどうしても再挑戦したくなったのかもしれませんね。

辛坊治郎氏、昨日レギュラーラジオで「におわせ放送」していた?

「FRIDAY」の報道があったのは24日夕方ですが、 この日生放送された、辛坊さんの冠番組、ニッポン放送「辛坊治郎ズームそこまで言うか!」(月~木3:30から)では、冒険家・堀江謙一さんに関する内容が放送されていました。
番組では太平洋単独横断に成功した堀江さんのヨット、マーメイド号が公益社団法人・日本船舶海洋工学会の「ふね遺産」に認定されたニュースを報道。
辛坊さんは、前回の太平洋横断チャレンジの直前に堀江謙一さんと食事をしていたことを明かし、「業界筋のうわさで、堀江さんは近々、何かをやるらしい。水面下で聞いた」と何らかの計画をにおわせました。
そして、その直後に「みなさん、今のはナシということでお願いします!」と、はぐらかしています。
これは、再び自らが太平洋横断に挑戦するという報道が出る伏線ではなかったかと、SNSでも話題に。
今日も「辛坊治郎ズームそこまで言うか!」は通常通り放送が予定されていますが、番組内で、太平洋横断チャレンジについて言及があることは間違いないでしょう。
注目したいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。