渡部建が不倫騒動で会見!事務所の対応や今後の仕事の見通しは?

アンジャッシュ渡部建、謝罪会見。賠償金は事務所が支払っていた

多目的トイレなどでの複数女性との不倫騒動で6月から活動自粛をしていたお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が3日午後7時から都内で謝罪会見を行いました。
謝罪会見をせず、突然自粛生活に入った渡部さんに対して、約100分間、レポーターからの様々な質問が飛びましたが、渡部さんは「バカなことをした」という言葉を何度も繰り返していました。
今回の会見は、大晦日恒例の人気バラエティ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日テレ)の「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」で、渡部さんが復帰するという報道後に行われただけに、復帰のための目回し会見と思われます。
レポーターからは、辛辣な質問が多々とんできましたが、渡部さんは終始頭を下げ続けていました。
また、渡部さんは、多額の賠償金は、事務所が支払ったことも明かしています。
注目の会見は、ネット中継を通じて多くの人が視聴しましたが、「今更会見だなんて許せない」「半年でテレビ出演は早い」という感想の他に「夫婦が決めたらそれでいいのにマスコミのパワハラがすごかった」「渡部が一番悪いんだけど公開いじめみたい」と言う意見も見られました。

渡部建、妻・佐々木希に「深く反省し、これからの人生で少しでも信頼を回復したい」

渡部さんは、妻で女優の佐々木希さん(32)について質問が及ぶと、問題を伝えた当初は「ものすごく取り乱していました」とし、「『今までの生き方が間違っていたのではないか。これからの人生で信頼の回復をしていくべき』だと。本当に話し合いを重ねて、そう言ってもらいました」と語りました。
また「僕がこんなことをしてしまったせいで、どこに行っても好奇の目で見られてしまうし、現場で気丈に振る舞っていたと来ていて、心苦しいですし、深く反省し、これからの人生で少しでも信頼を回復したい」と、答えています。
佐々木さんは、騒動直後にインスタグラムで夫である渡部さんの行動を謝罪。
最近は、仕事のない渡部さんの代わりに自らが頑張らなければならいと思ってか、これまで受けなかったような仕事にも率先して挑戦していました。
会見のあった3日、佐々木さんは沈黙を貫いていましたが、現段階で佐々木さんが渡部さんと別れずにいるという事実はしっかりと見ておきたいですね。

渡部建、相方・児嶋一哉「俺は味方だよ!!」今後もコンビとしての活動

渡部さんの相方、児嶋一哉さん(48)は、「アンジャッシュ」の解散は考えず「何があっても俺は味方だ」と、今後も渡部さんを支えていく意向を周囲に話しているようです。
児嶋さんは、不倫の発覚直後に渡部のラジオ番組に代理で生出演し、涙声で謝罪。
「大バカ野郎です」「心で人と通じ合える人間になってほしい」と改心を求めていました。
渡部さんは会見でコンビでの活動について「一緒にやりたい気持ちは当然ある」としつつも「おこがましくて言えない」と吐露していましたが、児嶋さんのコンビ愛は続いているようですね。
児嶋さんは、7月に開設したYouTubeチャンネル「児嶋だよ!」が、登録者数70万人を超えて人気になっています。
近年は、ソロでの仕事が増えていたアンジャッシュですが、今後、アンジャシュの2人の姿を、児嶋さんのYouTubeチャンネルで見ることができるかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。