杉山裕右が西岡徳馬の娘・優妃と結婚!ふたりの馴れ初めは?

俳優・杉山裕右、西岡徳馬の娘・優妃と10日に結婚へ「人生のパートナーとして意識するように」

俳優の杉山裕右さん(32)と、俳優・西岡徳馬さん(74)の娘で女優の優妃さん(33)が8日、それぞれのブログを更新し、12月10日の大安に結婚することを報告しました。
杉山さんは優妃さんと入籍することを報告し「彼女の人柄に惹かれ、お付き合いを始めました。新型コロナウイルス感染拡大中や仕事の事などで、不安な気持ちの中、彼女はいつも私を励ましてくれて、支えてくれました。いつしか彼女の存在が大きくなり、人生のパートナーとして意識するようになりました」と説明。
また、優妃さんも「いつも皆んなに優しく、仕事にとことん誠実な姿勢に惹かれ、いつしか太陽のような明るい彼の笑顔に元気付けられるようになりました。
コロナ禍と言う厳しい状況の中でこれからの人生を考えた時に、心から信頼できる彼と一緒に生涯を共にしたいと望むようになりました」と決意を綴っています。
新型コロナウイルスの流行で鬱蒼とした世の中ですが、コロナ禍が結婚のきっかけの一つともなったようですね。

杉山裕右、優妃との馴れ初めは…!?

優妃さんは2人の出会いを「2011年の舞台共演をきっかけに、約10年間信頼する友人でいてくれた方です」と紹介しています。
スポーツニッポンはこのおめでたいニュースをいち早くキャッチし、杉山さん、西岡さん、優妃の親子さん3人の単独インタビューを掲載しています。
その記事によると、2人は舞台にて、恋人役で共演し、出会ったものの、当初は大事なシーンで照れてしまう杉山さんに、優妃さんは「ちゃんとやってよ!」と泣いて責め立てることもあったようで、恋の予感は全くなかったとのこと。
しかし、杉山さんはこの頃から優しい優妃さんに惹かれていたそうです。
その後友人関係が続いていましたが、出会いから10年目に優妃さんが短編映画の主役を演じた際に、杉山さんに裏方の仕事を依頼したことをきっかけに2人の仲は急接近。
今年の8月4日、父である西岡さんの助言もあって杉山さんはプロポーズ。
優妃さんは、一旦は「まだ考えられない」と答えたものの、杉山さんの誠実な態度に改めて気がつき一気に結婚話が進展したようです。

杉山裕右「式は来年に行う予定です」

花嫁の父である西岡さんは、今年芸能生活50周年を記念し、11月25日に人生応援歌『だろ?』と、嫁ぐ娘を思う父の心情を歌った『娘に乾杯』で歌手デビューを果たしました。
「娘3人のうち唯一独身だった優妃が、歌の通り結婚するとは…」と取材でも笑顔を見せていた西岡さん。
西岡さんは、娘夫婦に対し「『娘に乾杯』の歌詞にもあるけど、けんかはほどほどにな」と2人に助言しています。
杉山さんは、結婚の報告のブログで「式は来年行う予定です」と報告しています。
現在は、寒気で猛威を振るう新型コロナウイルスの影響もあり、大勢で集まることは難しいですが、温かくなり、ウイルスの動きが終息に向かう頃に、杉山さん、優妃さんの結婚式の報告と共に、花嫁の父である西岡さんが、結婚披露宴で、自らのデビュー曲である『娘に乾杯』を晴れ晴れしい笑顔で歌ったというニュースが見られるかもしれませんね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です