【訃報】ロイヤル小林さんが死去 現役時代の戦績やボクシング人生とは?

元WBC世界スーパーバンタム級王者・ロイヤル小林さん食道がんで死去

12月8日、元プロボクシングWBC世界スーパーバンタム級王者で、「ロイヤル小林」のリングネームで活躍した小林和男さんが11月17日に食道がんのため、熊本県内の病院で死去したことを関係者が明らかにしました。
71歳でした。
小林さんは、身長166㎝でパンチパーマにひげの風貌、左右フックの強打が持ち味で、手が倒れるまで強打を放つスタイルで「KO仕掛け人」の異名を取るチャンピオンでした。
1976年に2度目の世界挑戦で世界王座を獲得しています。
拓殖大学を卒業後、自衛隊に入隊中にボクシングを始め、ミュンヘンオリンピック(1972年)ではフェザー級で8強入りの6位入賞を果たしています。
大卒、五輪代表から日本人初の世界王者となった方です。
小林さん死去のニュースを知り、インターネット上では偉大だった小林さんを偲んで、悲しみのメッセージが溢れました。

ロイヤル小林、華麗なる戦績

小林さんは、アマチュアボクシングで、通算34勝 (28RSC) 3敗、KO率8割2分という驚異的な記録を引っ提げて、1973年に国際ジムからプロに転向しました。
当時、元東洋ウェルター級チャンピオンのムサシ中野(笹崎)が過去に築いた12が国内の最多連続KOでしたが、小林さんは、それにあと1つと迫る11連続KOを遂げました。
1974年、「ロープ際の魔術師」といわれたジョー・メデルをKOし、引退に追い込んだ試合は圧巻でした。
1976年10月9日、リゴベルト・リアスコ(パナマ)に、8回KO勝ち、遂にWBC世界スーパーバンタム級王座を獲得します。
世界王者不在だった当時の日本ボクシング界で、小林さんは頂点に立ちました。
小林さんの世界戦は生中継があり、テレビでこの世紀の一戦を観戦したという方も多いのではないでしょうか。
その翌日の10日には具志堅用高さんも世界奪取に成功し、ダブルの勝利で日本中が沸いたことを覚えている方もいることでしょう。
それだけに、強烈な印象が今でも残っていますね。

深く記憶に刻まれるボクサー・ロイヤル小林

ロイヤル小林さんは、タイトルを手にしたものの、初防衛戦がタイトル奪取の1ヶ月後という考えられないスケジュールで組まれたことも原因にしてか、初回から逃げまくる廉東均(韓国)に判定負けし、在位46日でベルトを手放すことになりました。
この日数は、現在も日本人最短となっています。
その後も、アレクシス・アルゲリョ(ニカラグア)、ウィルフレド・ゴメス(プエルトリコ)、エウセビオ・ペドロサ(パナマ)ら、のちに殿堂入りする名王者に果敢に挑戦し、見る側を熱くするファイトを繰り返しました。
チャンピオンとしても、チャレンジャーとしても深く記憶に刻まれるボクサーでしたね。
1981年に引退し、戦績は43戦35勝(27KO)8敗。
引退後は、複数のジムでトレーナーを務めていました。
中でも横浜光ジムの石井一太郎会長と育てた、世界挑戦経験ある赤穂亮さんは最後の教え子です。
小林さんは晩年、故郷熊本に帰って警備員の仕事等をしていたそうです。
ご冥福をお祈りしたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です