紀平梨花が全日本選手権で4回転サルコーを決めて優勝!安藤美姫からのコメントは?

紀平梨花が全日本選手権2連覇!安藤美姫依頼17年ぶりの4回転サルコー成功!

長野県ビックハットで行われていた「フィギュアスケート・全日本選手権」は、27日、 女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)トップの紀平梨花選手(トヨタ自動車)が154・90点、合計234・24点で連覇を達成しました。
紀平選手は冒頭で4回転サルコーに成功し、安藤美姫さんが、2002年のジュニアGPファイナルで、世界で初めて成功して以来、日本女子選手2人目の公式戦での4回転ジャンプ成功者になりました。
紀平選手と言えば、近年ではトリプルアクセルが代名詞となっていましたが、4回転ジャンプの成功で、新たな進化を見せてくれましたね。
紀平選手は「コーチの皆さんにも、ファンの皆さんにも支えられて感謝しかないです。演技でかえそうと思っていたので満足です。今回は4回転サルコーを決めるって前から思っていた。ジャンプのイメージだけを考えて、きれいに跳べたので満足です」と語りました。

紀平梨花の演技に、祝福・反応続々!

安藤美姫さん(33)は、27日、自身のツイッターを更新。
「紀平梨花選手 4S回転成功は今後の自信に繋がります」
「最後まで集中をして落ち着いた演技でした ここからがスタートですね おめでとうございます」と、紀平選手を祝福しました。
また、全日本で2位になった坂本花織選手(シスメックス)は、紀平選手の演技の直前の出番で、連続3回転を鮮やかに決めほぼノーミスの好演技を披露して、紀平選手の4回転サルコーを目撃しましたが、合計点を確認して「234点…。すっご、ははは」と苦笑い。
その上で「自分のMAXな演技をして最高な演技を出せても、4回転を跳ぶ梨花ちゃんのほうが高い。梨花ちゃんが(4回転サルコーを)降りたのを見てしまった。やらないと勝てないと思う」と、決意も見せました。
また、ネット上では「インパクトが凄すぎる」「美しすぎて惚れ惚れ」「たまげた」「片手側転を軽々と…バケモンだ」などの声が続々。
海外でも、五輪公式メディア「Olympic Channel」のニック・マカヴェル記者は「印象的なジャンプ。すごい。」と感嘆。
名物記者ジャッキー・ウォン氏も「リカ・キヒラのクワド・サルコー!」と投稿するなど、紀平選手の演技が、多方面に大きなインパクトを与えたことが、よくわかります。

紀平梨花、4回転時代に追いついた!3月世界選手権では4回転王国ロシアと直接対決!

現在、女子フィギュアスケート界では、数種類の4回転ジャンプを駆使し、世界トップに名を連ねるロシア勢が、上位を独占しています。
紀平選手は、トリプルアクセルを飛んで、世界のトップに踊り出ましたが、この数シーズン、4回転ジャンプを持つロシア勢になかなか勝てない状況も続いていました。
昨シーズンは、新型コロナウィルスの影響で世界選手権は開催されませんでしたが、今シーズン、ストックホルムで開催される世界選手権では、4回転サルコーを習得した紀平選手が、ロシア勢にどのように立ち向かうのかが、みどころでもあります。
紀平選手は、全日本の裏で開催されたロシア国内選手権の点数と順位を確認しており、やる気も十分。
ライバルの演技と結果に「刺激になった」と答えています。
ハイレベルな頂上決戦になることは間違いないでしょう。
一回り大きくなった紀平選手の世界での活躍が楽しみですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です