松山千春さんの母・ミヨさんが死去 現在の活動は?

松山千春の母・ミヨさん、99歳で死去 「100歳になったら盛大にお祝いを…」

シンガー・ソングライターの松山千春さん(65)の母・ミヨさんが16日午前0時3分に北海道・足寄町の療養施設で老衰のため亡くなったことが分かりました。
99歳、100歳まであと一歩という年齢でしたね。
16日朝に訃報を受けた千春さんは、札幌市の自宅からその日のうちに足寄町へ帰省し、無言の対面を果たしました。通夜は17日、葬儀・告別式は17日に同町の證道寺で近親者のみが参列して執り行われ、千春さんが喪主を務めたそうです。
ミヨさんは3月15日が100歳の誕生日。
看取ることができなかった千春さんは、関係者を通じ「足寄町からの祝い金を楽しみにしていた。100歳の誕生日まで、あと2カ月だったし頑張ってほしかった。盛大に祝ってあげたかったのに、それが無念だし、残念でたまらない」と無念さをあらわにしていたということです。
楽しみにするぐらい、気持ちがはっきりなさっている状態だったのですね。
立派な大往生と思われる年齢。
激動の時代を生きてこられたお母様ですね。

松山千春、「よくあの太平洋戦争を生き抜いたと思う」

ミヨさんは大正10年(1921年)3月15日に足寄町で生まれました。
千春さんはコンサートや、ラジオなどトークの場面で、「大正生まれというとピンとこない方も多いと思うが、よくあの太平洋戦争を生き抜いたと思う」と母親の話題をたびたび持ち出し、語っています。
千春さんの実家は足寄郡の地域紙「とかち新聞」(現在休刊)を発行し、父親の明さんが記事を書いて、印刷も自分で行っていました。
私財を投じてまで発行していたため、母・ミヨさんが重労働で貧しい家計を支えていたことも、千春さんはたびたび話題にしていました。
その父・明さんは1995年11月7日に80歳で他界、近年ミヨさんも体調をくずし、知人の施設に入所していましたが、千春さんは先週もミヨさんを見舞っており、その時は「体力は落ちていたように感じたが、元気そうだった」そうです。
突然の別れは寂しいですね。

松山千春の現在は?1月25日にデビュー45年目に突入!

千春さんは「親孝行したいときに親はなしというけれど、コロナ禍で、そばにいてやれなかった。最期を一緒にいてあげられなかったことが悔やまれます」と、サンケイスポーツの取材でコメントしています。
千春さん自体は今月25日にデビュー45年目に突入し、今年は様々な催しを準備しているようです。
この日は、45周年スタートのお祝に、2枚組のライブCD「弾き語りライブ」をリリースすることが決定しています。
並びに、4月29日の千葉を皮切りに全国12カ所を巡る「松山千春コンサートツアー2021春」の開催が予定されており、今後の歌手活動も順風満帆なようです。
お母様には、千春さんの歌手活動をずっと見守っていてほしかったことでしょう。
記念すべき年に、悲しい1年の幕開けとなってしまいましたが、これからも千春さんには、素晴らしい歌声を響かせてもらいたいですね。

1件のコメント

  1. It’s a pity you don’t have a donate button! I’d
    without a doubt donate to this fantastic blog!
    I guess for now i’ll settle for bookmarking and adding your RSS feed to my Google account.
    I look forward to brand new updates and will talk about this website with my Facebook group.
    Talk soon!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。