柏木由紀が久しぶりのソロ曲発売!現在の活動やアイドルとしての今後の未来像は?

柏木由紀、7年5カ月ぶりソロ曲発売決定!

AKB48柏木由紀さん(29)が19日、都内で会見を開き、7年5カ月ぶりのソロシングル「CAN YOU WALK WITH ME??」を3月3日に発売することを発表しました。
今回のシングル楽曲は、AKBグループ総合プロデューサー、秋元康氏(62)のもとを初めて離れ、アイドルグループ、BiSHや豆柴の大群のプロデューサー、渡辺淳之介氏(36)が手掛けます。
柏木さんは、2013年にソロデビューしました。
CDシングルでの新曲は7年5カ月ぶりになります。
過去のシングルは柏木のために立ち上げたエイベックスの独自レーベル・YukiRingからリリースしていましたが、今回、キングレコードに移籍。
柏木さんは「AKB48で長年お世話になっているレコード会社さんなので、慣れ親しんだスタッフさんたちと話している。ソロとしても心機一転頑張っていきたい」と記者会見で意気込みを語りました。

柏木由紀ソロ再始動の橋渡し役は秋元康

今回柏木さんをプロデュースすることになった渡辺氏とは、昨年5月にTOKYO FMで放送している秋元康氏プロデュースの深夜のガチトーク番組「TOKYO SPEAKEASY」(月~木 深1:00~)で対談していた柏木さん。
その際に、秋元氏から渡辺氏に「柏木由紀をプロデュースしてほしい」と公開オファーが飛び込んでいたようです。
今回は、そのオファーが実際に実現したようです。
柏木さんは「やさしく教えてくださって、今までの自分にない一面を引き出していただきました」と満面の笑みを浮かべ、渡辺氏に感謝を述べています。
渡辺氏も「トップを走っている王道のアイドルをずっと見させてもらっている感じです」と柏木さんを絶賛。
お互い、手応えを感じられるタッグが誕生したようですね。

柏木由紀、現在もAKBに在籍中、今後は「アイドルを一生続けられる職業に」

柏木さんはかねてより「30歳までアイドル宣言」をしていました。
今年7月には30歳の誕生日がやってくるタイミングですが、本人は「アイドルは続けたいなと固まってきていて。今回、渡辺さんと一緒にやることになったソロ活動で、よりアイドルに対しての気持ちは強くなったので、頑張りたいと思いました」と。30歳以降のアイドル活動継続を表明しています。
女性アイドルは、年齢が上がってくると離れるファンも出てきて「賞味期限切れ」と思われてしまいがちです。
柏木さんは「私が(30歳を過ぎても)アイドルをやっていけば、後から続く子たちが『本当は長くやりたいけど、なんとなく流されて、できない』っていうことがないよう。アイドルを夢見る子たちに一生続けられる職業みたいなのになったらいいな」
と、アイドルを職業として考え、後輩の道を切り開く決意を見せました。
先輩が次々とグループを卒業していく中、現在もAKB48として活躍中の柏木さん。
渡辺氏のプロデュースで、“アイドルアーティスト”として、“一生続けられるアイドル”として、どのような「新たなゆきりん像」を作り出すのか、楽しみですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。