森喜朗氏が度重なる失言で批判殺到!オリンピックや今後の役職はどうなる?

ロンブー田村淳、森喜朗会長の発言に反発「強引にオリンピックやって、誰が幸せ?」

東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会の森喜朗会長(83)ですが、2日、東京大会実施本部合同会議の役員幹部会のあいさつで、「私たちはコロナがどうであろうと必ずやり抜く」と発言。
さらに、聖火リレーについて「人気タレントは人が集まらないところで走ったらいいんじゃないか。誰かが、田んぼで走ったら一番いいんじゃないか」などの発言がありました。
これに対し、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(47)は、自身のYouTubeチャンネルで「ちょっと理解不能」と表現し、愛知県・犬山市から任命された聖火ランナーの辞退を表明しました。
淳さんは、4日、レギュラー出演するTBSテレビ「グッとラック!」でもこの件について触れ、「強引に五輪をやって、誰が幸せになるんだろうと感じた」と語っています。
これまでも、五輪延期を主張してきた淳さんらしい発言と辞退でしたね。

失言続きの森喜朗会長、海外メディアからも批判

過去にはフィギュアスケートの浅田真央さん(30)に対して「大事な時には必ず転ぶ」と言うなど、たびたび失言が報じられてきた森会長ですが、3日には日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、女性を軽視するような発言をし、海外メディアからも「性差別」ではないかと、批判的な報道がされています。
この席で森会長は、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。誰かが手を挙げると、みんな発言したがる。女性というのは競争意識が強い」などと発言。
ロイター通信とAFP通信は森会長の発言を「性差別」と断じ、発言中に評議員から笑い声が漏れたことも紹介しました。
また、ニューヨークタイムズは「元首相の組織委会長、会議に参加する女性の制限を示唆」という見出しで報道しています。
森会長の発言に関しては、SNS等では辞任を求める声も多く挙がっており、今回ばかりは穏便に済まないかもしれません。

森喜朗会長の今後は…?「女性…」発言の批判で辞任を示唆!?

森会長は「女性が入っている会議は時間がかかる」と発言したことに対し、4日、毎日新聞の取材に応じ「女性を蔑視する意図は全くなかった」「軽率だった。おわびしたい」と述べ、釈明しました。
その上で森会長は自身の去就に触れ、「そういう声が強くなれば、辞めざるを得ないかもしれないですね。迷惑をかけるわけにいかないですから。私は報酬をもらっているわけじゃないし」とし、「もう私についていけないと組織委の役員とか皆さんがおっしゃるなら、それはやむを得ないこと。邪魔になるというなら、辞めなきゃしようがないんじゃないかな」と、辞任の可能性も示唆しました。
森会長はこれまでも、オリンピックへの言動を通して、たびたび辞任を求められるようなことがありましたが、
この発言を見る限り、現在本人は意外にも役職に執着はないように思われます。
海外メディア記事にまで発展してしまった今回の発言、果たしてどういう結果になるのか、注目していかなければなりませんね。