タイガーウッズ氏が車で事故!怪我の具合や最近の生活は?

タイガー・ウッズ選手、大事故で搬送 !足に大怪我も命に別状なし

米男子ゴルフのタイガー・ウッズ氏(45)が23日、米ロサンゼルス近郊で自動車を運転中に横転事故を起こし、病院に搬送されたことを、地元保安官事務所が発表しました。
ウッズ氏は足を複雑骨折するなどの大怪我を負っていますが、命に別状はないということです。
発表によると乗車していたのはウッズ選手のみで、駆けつけた消防隊員により車内から救出され、治療のため付近の病院に搬送、手術を受けたそうです。
メディアでは、道路から離れた草むらに横転し、ボンネット部分が大破したウッズ氏の車の映像が映し出され、かなり強い衝撃が加わったことがわかります。
現場はスピードが出やすい急勾配の坂道で、これまでも死亡事故が何件も発生している危険なことで有名な場所だったようです。
ウッズ氏に命の別状はないということですが、今後の選手としての活動や、事故原因の追及など、今後の報道に注目ですね。

タイガーウッズ「どん底からの復帰」

史上2人目のトリプルグランドスラム達成、生涯獲得賞金額1億ドルを突破し歴代1位など、数々の記録を作ってきたゴルフ界のスーパースターのタイガー・ウッズ氏ですが、一時は薬物使用疑惑や不倫問題などで「タイガー・ウッズは終わった」と言われるほど、人生の低迷期がありました。
ウッズ氏最初の交通事故となった2009年11月27日の自動車事故以降、不倫問題も発覚し、怒った妻のエリンさんがゴルフクラブでウッズ氏に殴りかかるというような、スキャンダル報道もありました。
結果的に19人の女性と関係があったことが発覚、「セックス依存症」など、不名誉な内容が報道され、ウッズ氏はこの時期、全米ツアーを休業し、自ら謹慎しています。
復帰後は、優勝こそないものの地道にゴルフに打ち込みましたが、時には自己最悪の成績に終わりどん底の気分を味わったこともありました。
また、2017年には投薬の影響で職務質問中にろれつが回らなくなるなど、運転マナー違反として2度目の逮捕もされています。
しかし、2018年には競技に正式に復帰し2019年4月のマスターズで14年ぶり5度目の優勝を飾るなど、見事な復活を遂げていました。

タイガー・ウッズ、最近は5度目の腰の手術もしていた

ウッズ氏は、シーズンオフに5度目の腰の手術を受けたことを発表していました。
これは4月のマスターズに間に合わせたい気持ちがあったのではと、プロゴルファーの丸山茂樹氏が語っている通り、45歳になってもゴルフに対するウッズ氏の真摯な気持ちの現われでしょう。
そんな中、起きてしまった事故で、ウッズ氏の足に受けた傷の様子が心配されます。
会見の場では、記者からダメージの深刻さや神経の損傷についての質問が多数あったようですが、詳しいことは語られず「ハーバー・UCLAメディカルセンターの最高の腕を誇る医療チームにより、現在ウッズ選手には懸命な手術が行われている」と説明されただけでした。
SNSでは、ジャスティン・トーマス氏や、元ニューヨーク・ヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲス氏など、ウッズ氏の仲間や多くの著名人から無事を祈るメッセージが次々と寄せられました。
「プライバシーに配慮し、多くのことを詮索せず、静かに見守ってあげよう」という呼びかけがなされているようです。
我々も見習って、ウッズ氏を見守りたいですね。