渡部建の豊洲市場アルバイトは手伝いだった!?今後の芸能界への見通しは?

渡部建、豊洲市場で深夜のアルバイト!?妻の勧め?生活苦?

東京・豊洲市場の仲卸業者で働いているアンジャッシュ・渡部建(48)が、無報酬で働いていることがわかりました。
渡部さんが豊洲市場で働いているという情報が話題なったきっかけとなったのは、2月19日のSNSです。
豊洲を訪れた一般の人の「渡部、豊洲市場の仲買いで働いててワロタ」「市場の人達はトイレが大丈夫なのかと懸念の声が出ているそうです」などといった書き込みが飛び交い、すぐにメディアの目にとまったことから、新聞、雑誌、テレビのワイドショーなどが一斉に取材を始めました。
「妻である女優の佐々木希さん(33)の勧めでアルバイトを始めた」「生活苦?」など、少々情報は錯綜しましたが、「週刊文春」によると、渡部さんは現在、旧知の大手仲卸業者社長、X氏の誘いで働いているそうです。
渡部さんの所属事務所・の人力舎の関係者は「アルバイトではなく(無報酬で)お手伝いさせていただいています。毎日行っているわけではありません」と説明しています。
昨年、「多目的トイレ不倫」が報じられ、活動自粛から8ヶ月。
昨年末、一旦は復帰の報道が流れましたが、未だに芸能界復帰が叶わず自粛中の渡部さんですが、意外なところで行動を起こしていたようですね。

ボランティア先社長、渡部建の働きぶりに「こんなに一生懸命になるとは思わなかった」

渡部さんは所属事務所に相談の上、週に1度、深夜0時から午前8時まで、豊洲市場で勤労に励んでいるそうです。
今思えば、佐々木さんは1月29日、インスタグラムに「大好きな海鮮が届き沢山いただけてとても幸せ 親に似て、子供もお魚をモリモリ食べます」と投稿しています。
そこには、X氏のハッシュタグと鮮魚の写真も。
X氏も2月1日に「佐々木希さんがインスタグラムでXの商品を紹介しました」「Xが目利きした食材を美味しいお料理にしていただけたと思います」と報告しています。
目撃情報が出る前から、双方にやりとりが記されていました。
X氏は渡部さんに対し、「こんなに一生懸命やると思わなかったから、見直している。自分としては、純粋に応援してやりたいと思ってるんだ。見守ってやってほしいな」と語っています。

渡部建、芸能界復帰はいつ?今後は未だ不透明

23日放送のフジテレビ系「とくダネ!」は、渡部さんボランティア活動についてレポートしました。
司会の小倉智昭氏(73)は「こういう報道があると、彼の復帰へのプラスにもなるし、マイナスにもなるし。両方あると思うんですよね」と答えました。
ネット上でも、渡部さんのボランティア活動に対し、「無報酬でイメージアップを狙っているのでは?」
「ボランティアしてもやったことは消えない」など、厳しい意見もありました。
しかし、「しっかり汗をかいて働いているところは認めたい」
「自粛中、無職でなにもしないよりは絶対にいい」など、渡部さんの行動に前向きな意見も見られました。
不倫報道、ましてや女性蔑視ともとれる行動をしてしまった渡部さんへの風当たりは未だに厳しい状態です。
現在のところ芸能界復帰は全くの不透明ですが、渡部さん自身が成すべきことをして好機を待ってほしいですね。