森下千里氏が政治家に転身!?現在の仕事や芸能界引退理由は?

元タレント森下千里氏、自民党から衆院宮城5区擁立へ

自民党宮城県連は、空席となっている宮城県第5選挙区支部の支部長に、元タレントの森下千里氏(39)を充てる方針を固めたと、読売新聞が報道しています。
これは森下氏が、事実上、次期衆院選で宮城5区の公認候補となるということです。
森下氏は14日に記者会見を開く方向で調整しているそうです。
これまで政治経験がなく、愛知県名古屋市出身で、宮城とは地縁が薄いと思われる森下氏を自民党が擁立してくるとは、驚きましたね。
関係者によると、森下氏は東日本大震災からの復興に強い思い入れを持っているということです。
14日の記者会見では、その辺りも森下氏から直接発言があるものと思われます。
政治不信が続く中、現在、政治的実力が不確実なタレント出身の政治家は、一般的に敬遠される傾向が強いです。
そんな中で、森下氏を擁立するだけの考えが自民党宮城県連にあるというならば、その理由も是非聞いてみたいですね。

森下千里氏、現在はティラピススタジオ経営?芸能界引退の理由とは!?

森下氏は、2001年頃からレースクィーンとして芸能活動を始め、グラビアモデルとして知名度を上げ、「仮面ライダー」シリーズや「美女と野獣」「世にも奇妙な物語」などのドラマに女優として出演、バラエティでも多くの番組に出演し、お茶の間で人気を博していました。
その一方、趣味のゴルフでは、ゴルフのテクニックだけではなく、理論やメカニズム、ルールなどの専門知識も必要な、ティーチングプロの資格を取得、ピラティスやジャイロキネシスのティーチャー資格も取得しています。
森下さんは、他にも多くの資格を取得しており、かなりの勉強家なようですね。
2015年には不倫を題材にした「倍以上彼氏」という恋愛小説で、なんと、小説家デビューも果たしています。
しかし、2019年12月、所属事務所ビクターミュージックアーツとのマネジメント契約を解約し、芸能界引退発表。
森下氏は公式ブログに「これからはメディアを通じてではなく、ひとりの人として、出会った人たちを笑顔にできるような人生を歩んでいきたいと思います」と、引退理由を綴っています。
現在は、ららぽーと豊洲に「Six Sense Organ」というティラピスのスタジオを経営しており、本人のプライベートレッスンを受けることもできるそうです。
政治家への転身は「出会った人たちを笑顔にできるような人生を歩んでいきたい」という思いからきているのかもしれませんね。

森下千里氏、立憲民主党・安住淳とガチンコ勝負!?衆議選の行方は?

森下氏の立候補が予定されている宮城5区と言えば、立憲民主党・安住淳・国会対策委員長も立候補を予定しています。
安住氏は前回2017年の衆議院選挙で63%の得票を得て圧勝しており、今年任期満了を迎える為、必ず開催される衆院選でも強いとみられています。
SNSでは「宮城5区は安住氏が勝つに決まっているから有力な立候補は誰も自民から立候補していないよ、そこに森下さんを呼んでくるとは驚いた」
「安住さんは強いから、森下さんは比例で立候補するのでは?」
「有権者に女性政治家という選択肢を示す意味もあるのかな」
「森下さんなら最悪でも比例復活で当選するだろうし、将来的に5区を立憲から奪う地ならしとしての立候補かも」
など、様々な憶測が飛び交っています。
何にせよ、どうして森下氏が政治家を志したのかを、早く本人の口から直接聞いてみたいですね。
14日の会見が楽しみです。