【訃報】古賀稔彦さんが死去 若い頃の活躍ぶりや吉田秀彦氏との関係は?

「平成の三四郎」古賀稔彦さん、53歳の若さで死去。昨年から癌を患っていた

バルセロナオリンピック柔道金メダリストの古賀稔彦さんが24日早朝、自宅でお亡くなりになりました。
53歳という若さでした。
古賀さんは、オリンピックに3大会連続で出場を果たし、選手として輝かしい成績を収めて現役を引退した後は、日本女子代表のコーチや、自身の道場「古賀塾」で後進の指導に努めていました。
芸術的な一本背負い投げを得意とし、「平成の三四郎」という異名があった古賀さん。
突然の死に多くの人が驚きました。
古賀さんの死がテレビで報道されると、画面にはバルセロナ五輪で金メダルを獲得した瞬間が、多く流されましたが、あの超人がこんな若さで亡くなってしまったことに、SNSでは驚きの声が多くあがっていました。

古賀稔彦さん、吉田秀彦さんとは若いころから変わらぬ先輩後輩関係

古賀さんは1992年のバルセロナオリンピック柔道男子71kg級で金メダル。
後輩の吉田秀彦さんは78kg級で金メダルを獲得しました。
実は古賀さんは、オリンピックの10日前に吉田さんとの乱取り中にヒザを負傷。
練習も思うようにできない中、痛み止めを打ちながら金メダルを獲得しました。
吉田さんは「(バルセロナ五輪で)古賀先輩が優勝した瞬間、私が金メダルを取ったとき以上の喜びを感じました。」
「二人で勝ち取ったバルセロナオリンピックの金メダルは一生の宝です」と当時の出来事に感謝しています。
吉田さんが中学3年生で講道学舎に入門した際、当時弱かった吉田さんを古賀さんは付き人に指名。
その時から二人の先輩後輩としての関係が続いていました。
吉田さんは、亡くなる前日も古賀さんと会っていたそうで、「最後まで奇跡を信じていましたが叶いませんでした」、続けて「まだ信じられない気持ちで一杯」だと追悼メッセージを報道陣に公開しています。

古賀稔彦さん、通夜参列3000人。戒名は“柔よく剛を制す”

古賀さんの通夜は、28日、川崎市内の寺院で営まれ、柔道関係者をはじめ約3000人が参列しました。
古賀さんの戒名は「金剛院献柔稔制大居士」。
代名詞の一本背負いに代表されるように、古賀さんのスタイルである“柔よく剛を制す”から「剛」「柔」「制」の3字が取られ、金メダルの「金」や名前から「稔」も入り、「日本柔道に貢献された」という意味が込められたそうです。
参列した全日本柔道連盟の山下泰裕会長(63)は、亡くなった朝に一報を受けて大変ショックを受けたことを話し、「日本柔道も古賀稔彦さんに上から笑顔で微笑でもらえるように頑張っていきたい」と語りました。
古賀さんの死去には、92年バルセロナオリンピック銀メダルの小川直也氏(52)さん、00年シドニーオリンピック金メダリスト、現・日本男子代表の井上康生監督(42)、男子60キロ級でオリンピック3連覇の野村忠宏氏(46)、00年シドニー、04年アテネ五輪金メダルの谷亮子さん(45)や、古賀さんの愛弟子でもある 04年アテネオリンピック、08年北京オリンピック金メダルの谷本歩実さん(39)など、柔道界の多くの先輩後輩がコメントを発表しています。
どの世代からも愛された偉大な柔道家でしたね。
ご冥福をお祈りします。