植草歩が竹刀稽古でパワハラ被害!恩師との関係や今後の活動はどうなる?

空手・植草歩選手、パワハラ疑惑を告発!竹刀稽古で左目を突かれて負傷

空手の東京オリンピック、空手・女子組手61キロ超級代表の植草歩選手(28)が、帝京大時代の恩師で、全日本空手道連盟の選手強化委員長・香川政夫氏(65)からパワハラを受けたと、訴えていることが問題になっています。
植草選手が香川氏からのパワハラ被害を訴えていることは、メディアで報じられていました。
3月28日、植草選手は自身のブログを更新し、昨年9月頃から香川氏による「練習環境のこと、大学院進学のこと、その他プライベートや自活の為の仕事のことなどで、自立心・自尊心を傷つけられたり、大声で怒鳴られたりすることが多くなりました」と告白。
五輪強化合宿への参加も許されず、1月には「顔面をめがけて竹刀の先端で突き、これが私の左目(中略)を直撃した」とし、左眼球打撲傷の診断を受けたことを語りました。
植草選手は2015年に左眼内壁骨折をし、手術によってプレートを埋め込んでおり、練習中にその場所に竹刀が直撃した時には動けないほどの激痛が走ったそうです。
危険性を案じた医師からの意見もスルーされていてしまっていたようです。
あってはならない行為ですね。

植草歩選手へのパワハラに恩師は困惑「ビックリした」

植草選手へのパワハラ報道について、香川氏はスポーツ報知の取材に「ビックリしました。倫理委員会が開かれるので、そのときに全てお話します」と、多くを語りませんでした。
また、全空連関係者は「今までこういう話はなかった。非常に驚いている」と困惑気味のコメントをしています。
スポーツ文化評論家の玉木正之さん(68)は30日、「ゴゴスマ~GOGO!Smile!」(CBCテレビ)の中で、「最近、パワハラは武道で多い。アスリートファーストの言葉が定着し始めているが、武道は特別。師弟関係(があるのは)はスポーツと違うという心がどこかに残っている」と背景を分析しました。
ネットでは、香川師範が首席師範を務める日本空手松濤連盟の関係者が、SNS等で、裏切者と植草選手を侮辱する投稿をしていることについて、怒りを覚える投稿も相次いでいます。
武道とスポーツの線引きは難しいのでしょうが、危険を伴う指導は改めるべき問題ですね。

植草歩選手だけじゃない、スポーツ界でのパワハラ指導、今後は31日の倫理委員会で

スポーツ界でのパワハラは今に始まったことではありません。
13年には、柔道女子日本代表監督らの強化合宿でパワハラがあったとして女子トップ選手15人が日本オリンピック委員会に告発文を提出しました。
18年には、レスリング女子でオリンピック4連覇を果たした伊調馨選手が日本レスリング協会の栄和人強化本部部長からパラハラ行為を受けたと関係者が告発しています。
また、同年7月には日本ボクシング連盟の山根明会長のお気に入りの選手を優遇する不正分配や不正判定が発覚したことも記憶に新しいです。
植草選手は3月のオリンピック強化合宿への参加をめぐり、日本オリンピック委員会(JOC)の通報・相談窓口に連絡したことを明かしています。
全日本空手連盟は、31日に倫理委員会を開き、植草、香川氏の2人から詳細な事情聴取をする方針です。
今後の動きもしっかりと見ていかなければなりませんね。