須藤早貴容疑者が野崎幸助さん殺害で逮捕!彼女の性格は?

紀州のドン・ファン事件 元妻・須藤早貴を殺人容疑で逮捕

和歌山県田辺市で2018年、資産家で「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎幸助さん(当時・77)が死亡した事件で、和歌山県警は28日、殺人容疑で元妻の須藤早貴容疑者(25)を逮捕しました。
事件当時、ワイドショーや週刊誌などで世間を大いににぎわせた野崎さんの不審死から約3年、長くかかりましたが遂に動きが出ましたね。
須藤容疑者逮捕のニュースは、28日の朝から大きく報道され、テレビでは、現在は東京で暮らす須藤容疑者が午前7時前、羽田空港から和歌山県へ移送される様子なども伝えられました。
野崎さんは18年5月24日午後10時半ごろ、自宅2階の寝室で倒れているのが見つかり、妻である須藤容疑者が119番しましたが、その場で死亡が確認されました。
体内から致死量を超える覚せい剤が検出され、死因は急性覚せい剤中毒と判明されました。
関係者によると、野崎さんが覚醒剤を摂取させられたとみられる時間帯、周囲には須藤容疑者しかおらず、第三者の存在も確認されていないことなどから、須藤容疑者が関与した疑いが強いと判断し、逮捕に踏み切ったようです。

須藤早貴容疑者の性格は?夫・野崎さんとの温度差浮き彫り

野崎さんは18年4月に出版した自伝で、須藤容疑者とみられる55歳年下の女性と結婚したことを明かしています。
17年秋に羽田空港で転んだのを助けてもらったことをきっかけに交際が始まったそうで、プロポーズの言葉は「ボクの最後の女性になってくれませんか」だったそうです。
他にも「(妻を)神棚にでも飾っておきたい」「私は幸福になる自信があります」など、須藤容疑者にベタ惚れだった様子が覗えます。
しかし、一方の須藤容疑者は、写真週刊誌FRIDAYの取材で、夫であった野崎さんと夫婦関係は一度もなかったことや、結婚の際に交わしたのは、話し相手になるだけで毎月100万円をもらえるという契約だったと話すなど、非常に淡泊です。
確かに22歳で55歳の年の差結婚ということを考えると、どこか納得いかない面もありますが、須藤容疑者の性格が元から冷めていることなどを考慮しても、不信感を感じてしまいますね。

須藤早貴容疑者、「紀州のドンファン」の遺産相続どうなる?

和歌山県警は今後、覚醒剤の入手先ルートや須藤さんの言動について慎重に捜査を進めるようです。
当初から犯人ではないかと疑われながら逮捕に3年もの月日がかかるということは、立証が難しいからだと推察できます。
弁護士の大澤孝征氏は「(立証)はかなり難しいと思います。傍証を積み重ねて、裁判員裁判でこの人以外にあり得ないという、心証を得られるかどうか、それだけの証拠を積み上げられることが1番のポイントとなると思う」と解説しています。
また、この事件は野崎さんが残した13億もの莫大な資産の行方についても注目されています。
野崎さんは、全財産をふるさとである田辺市に全額寄付するという旨の「遺言書」を作成していましたが、妻には「遺留分」と呼ばれる取り分が認められています。
遺留分は遺産の2分の1、つまり須藤さんは、わずか3ヵ月結婚しただけで、6億5000万円を手に入れることができます。
しかし、大澤弁護士によれば「妻が資産を持っている夫を殺害した場合、相続権自体がなくなる」のだそうで、お金の行方を巡っても今後一波乱ありそうです。
成行を見守りたいですね。