【訃報】響龍さんが死去 原因や相撲協会の対応は?

三段目力士・響龍さん死去 春場所取組で倒れ急性呼吸不全で

大相撲の境川部屋の三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さん(本名・天野光稀)が28日午後6時20分、急性呼吸不全のため東京都内の病院で亡くなりました。
28歳という若さでした。
高校の先輩、元幕内豊響に憧れて同じ境川部屋に入門してから約10年、力士として精進していました。
現役力士の死去は、三段目の勝武士さん(享年28歳)が、昨年5月に新型コロナウイルス性肺炎による多臓器不全でなくなって以来のことです。
響龍さんは3月26日の春場所13日目の取組で投げられた際、土俵に頭部付近を強打し、うつぶせの状態のまま動くことができなくなりました。
救急搬送された翌日には、師匠の境川親方(元小結両国)が協会広報部を通じて「今、一生懸命治療に専念しています」とコメントしていました。
関係者によると、入院中響龍さんは、寝たきりの状態が続いていたそうで、肺血栓を患っていたそうです。
一時は、徐々に麻痺した体が動くようになっていたこともあったそうですが、28日に容体が急変し、帰らぬ人となってしまいました。
残念です。

響龍さん、死去の原因は?問われる相撲協会の対応

取組後、響龍さんはうつぶせのまま動けず、倒れてから約1分後に呼び出し3人があおむけにしていました。
その約3分後、国技館内の相撲診療所から医師がかけつけ、響龍さんの状態を確かめ、担架に乗せて土俵を降りて救急搬送しますが、一連の対応に、約6分以上の時間を要しました。
このことが、今、物議を醸しています。
頭部を強打という危険な状態で、緊急搬送まで6分かかったことが、響龍さんの死去の直接の原因になったかは定かではありませんが、もっと迅速に対応できたのではないかという意見も出ています。
春場所後に行われた審判部による夏場所番付編成会議では、土俵近くに医師を滞在させた方がいいのではないか、という意見も出たようです。
取組後の対応などについて問われた芝田山広報部長は「ここでは何とも言えない。後日、まとめてお伝えできる状態にしたい」と話しました。
相撲協会は、5月7日に警備担当の親方衆や若者頭らを集めて「土俵上の緊急対応講習会」を実施することにしています。

響龍さん死去に、八角理事長「安らかに眠ってほしい」

八角理事長(元横綱北勝海)は「この度の訃報に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。私自身、突然の訃報に、ただただ驚き、ぼう然としております。一カ月以上にわたる闘病生活、さぞ辛かったと思いますが、ご家族や師匠らの懸命の看病のもと、力士らしく、粘り強く耐え、病魔と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠ってほしいと願っております」とコメントを発表しました。
また、芝田山広報部長は「搬送された後は入院していたが、意識はあって話ができるとは聞いていた。若い力士が亡くなったことは非常に切なく、残念」と話しています。
葬儀・告別式は境川部屋関係者のみで執り行われるようですが、境川親方始め、響龍さんと日々練習に励んでいた部屋の方々は、たまらない心境でしょう。
大相撲は、5月9日に、東京両国国技館で夏場所の初日を迎えます。
あと10日あまりで場所が始まりますが、角界が大きな悲しみに包まれると同時に、今後、二度とこのようなことが起きないように、相撲協会の再発防止策の徹底が望まれます。