ボビーオロゴン被告の判決が決定!性格や今後の生活は?

ボビー・オロゴン被告、さいたま地裁で罰金10万円の判決

さいたま市の自宅で妻の左ほおを指で突いたとして暴行罪に問われた、タレントのボビー・オロゴン(本名・近田ボビー)被告(55)に、さいたま地裁は13日、求刑通り罰金10万円の判決を言い渡しました。 1年経って、ようやく夫婦の間に決着がついたようです。 ボビー・オロゴンさんは、昨年5月16日午前、さいたま市浦和区の当時の自宅で、妻に暴行を行ったとして逮捕されました。 当時、2階建ての自宅は1階にボビー被告、2階に妻と子供たちが生活していましたが、検察側は、ボビー被告が2階のガスの元栓を閉めて使えないようにしたことを巡り、2人が口論になったと指摘。 妻宛ての郵便物を勝手に開封したと追及され、「次は警察を呼ぶ」と妻に言われた被告が憤慨し、暴行に及んだそうです。 初公判の際には、口論時のやりとりが録音された音声データが検察側の証拠として提出され、法廷でボビーさんが「ボコボコにする」「気をつけろよ」「オマエ、出てけ」といった言葉を浴びせている音声が再生されていました。 ボビーさんに弁解の余地はなかったようですね。

ボビー・オロゴン被告の性格は?好感度タレントから転落の危機

ボビーさんは、ナイジェリア出身で、かつては人気タレントとしてひっぱりだこでした。 ボビーさんの父はナイジェリアで貿易会社を営んでおり、その事業を手伝う中で、会社など幾つものオーナーでもあり、芸能活動や格闘技も続けつつ、余裕のある生活を営んでいたと思われます。 性格も悪くいう人はほとんどおらず、ひょうきんで家族思いという好感度タレントというイメージがあった人も多いでしょう。 そんな彼が、妻へのDVで逮捕されたことは、芸能人としては大ダメージでした。 逮捕翌日には妻が取材に対し「さまざまなDVを受けてきました」と主張。 好感度タレントのイメージは脆くも崩れ落ちました。 ボビーさんがレギュラーでナレーターを務めていた、テレビ東京系のバラエティー番組「YOUは何しに日本へ?」について、テレ東広報局は判決後、「復帰の予定はございません」と回答しています。 事実上の降板なってしまったようですね。 これから芸能界での仕事は厳しい状況が続くのではないでしょうか。

ボビー・オロゴン被告、離婚はまだ?今後の展開は?

ボビーさんは妻とまだ離婚していないようです。 ボビーさんは初公判前に反論文を公表し「事件当日のケンカを妻が録音していたことや、離婚の準備のために私の収入を調べたりしていることを考えると、妻のトラップにはまってしまった」としています。 録音がはっきり残っていることから考えても、妻は以前からボビーさんと離婚したいのかもしれません。 しかし、日常的にボビーさんが妻に暴言を吐いていたことも明らかになってしまいました。 今回の件は些細な夫婦喧嘩だととれなくもありませんが、今後2人は離婚について話し合いが持たれるのではないかと思われます。 夫婦のことは2人にしかわからないと言いますので、できる限り話し合い、お互いが納得できる方向に向けばよいですね。