【訃報】田村正和さんが死去 若い頃の演技や普段の性格は?

田村正和さん心不全のため77歳で死去

刑事ドラマ「古畑任三郎」などで人気を博した俳優の田村正和さんが4月3日午後4時20分、心不全のため東京港区の病院で死去したことが18日、分かりました。 77歳でした。 実父は「阪妻」の愛称で親しまれた時代劇俳優の阪東妻三郎さん(1953年、51歳で死去)。 長男の高廣さん(2006年、77歳で死去)も、昭和を代表する名優で、末弟は、現在も俳優として活躍する田村亮さん(74)という華々しい家系でした。 亮さんは18日夜、公式サイトでコメントを発表しました。 「兄 田村正和が天国に旅立ちました。4月3日、正和兄貴の奥さんからの突然の知らせで一瞬何の事か理解出来ず茫然としました。私の妻が3ヶ月程前に兄の奥さんと話しをした時も 兄は元気で散歩していると聞いていたのに…。」と、3カ月前まで正和さんがお元気だったことを明かし、 「兄は幸せな人生を送ったと思います。仕事でもプライベートでも何事も自分のライフスタイルを崩さず全うしたと思います。葬儀も派手にせず静かに見送ってくれと家族に言っていたそうです。生前、兄に関わって下さった方々に、私からも心より厚く御礼申し上げます。合掌 田村亮」 と締めくくりました。 「葬儀も派手にせず」というところに正和さんのお人柄が偲ばれますね。

田村正和さん、ダーティながら若い頃は三枚目役もこなす名俳優

阪妻の三男坊として元々注目が高かった正和さんですが、デビューは1960年に兄主演の映画の撮影を見学に行った時にスカウトされたことがきっかけでした。 63年の「花の生涯」から5年連続でNHK大河ドラマに出演するなど父親譲りの美男子スターとして注目され、1972年に出演した時代劇「眠狂四郎」で人気に火がつきました。 時代劇だけではなく、80年代以降は「ニューヨーク恋物語」などのトレンディードラマに出演。 84年のドラマ「うちの子にかぎって…」で、優柔不断な頼りない小学校教師という三枚目を見事に演じ、「パパはニュースキャスター」など多くのコメディードラマにも出演しました。 これが大ヒットとなった「古畑任三郎」役にも繋がっています。 華のある二枚目ながらコミカルな役も味のある演技で魅せられるのは、役者としての深みを感じますね。 改めて、あの演技がもう見られないことを寂しく思います。

田村正和の性格は?最後のドラマ出演で「そろそろ限界かな」

正和さんは作品のイメージを大切にしており、プライベートはあまり見せませんでした。 バラエティー番組にはほとんど出演せず、記者会見などの出席機会も少なかったため、素顔や私生活はベールに包まれていたことも神秘的で、役者としての魅力の一つだったかもしれません。 正和さんとデビューが同期だという俳優の岡崎二朗さん(77)は、AERAのインタビューで「田村さんは自分でズカズカと前には出ずに、物静かな人です。ちょっとシャイで、照れ屋だし、そしてセクシーだから女性にはモテました。ランニングや筋トレなんか何もしないのにスラっとしてかっこよかった。それが最後のドラマのときには、自分の姿を見て『そろそろ限界かな』と言ったそうです。それからは表舞台に出たくなかったのかもしれません」 と語っています。 亡くなってから一カ月以上経ってからのマスコミへの公表も岡崎さんは「田村さんらしい」と感じたそうです。 正和さんはプライベートを最後までベールに包み、人々の記憶にダンディーな姿を残したままで旅立っていきましたね。 ご冥福をお祈りします。