柏木由紀の病気が判明!現在の具合や今後の活動は?

AKB柏木由紀、テレビ番組で病気発見 「以前から手のしびれがあった」

AKB48の柏木由紀さん(29)が3日、テレビ東京系「主治医が見つかる診療所スペシャル【芸能人“お悩み解決”人間ドックスペシャル】」に出演し、人間ドックを受けた様子が放送され、MRI検査の検査画像から、10万人に1人という極めてまれな国指定の難病「脊髄腫瘍」「脊髄空洞症」の疑いがあると指摘されました。 まさか、番組の企画で受けた人間ドックで、こんな診断がされるとは、柏木さんも驚かれたことでしょう。 柏木さんは、番組で診断結果を聞く以前から左手がしびれることが多く、4本の指先が常にしびれており、整形外科を受診したところ「手根管症候群と診断された」と話していました。 番組に出演していた脳神経外科専門の医師によると、悪化して進行が進んだ場合階段の上り下りが困難になったり、歩けなくなる可能性もあるのだそうです。 指のしびれもここからきていたのでしょう。 柏木さんは番組で、2週間後に脊髄専門医の元で精密検査を受けることになったことを伝えて終了していました。

柏木由紀、YouTubeで「脊髄空洞症」を公表 現在は早期発見で症状は軽い状態

番組終了後、柏木さんは自身のYouTubeチャンネルを更新し、約10万人に1人の難病「脊髄空洞症」に罹患したことを公表しました。 番組は2週間後に再検査することだけを伝えて終わっていたので、心配するファンやマスコミに対して公表を決意したのでしょう。 柏木さんによると、病気がわかったのは5月22、23日のAKBコンサートの約1週間前だったそうです。 再検査を受け「急いで治療をしなければいけない状態ではない。一刻を争う事態ではないですし、命にも別状はないです」と、現在は深刻な状態ではないことを明かしました。 処方された薬を飲むと手のしびれもなく元気な状態でいるそうです。 現在は早期発見で症状は極めて軽く、治療を受けながら仕事はこれまで通り続けるようです。

柏木由紀、今後は「まとまって治療に専念する時があると思う」

柏木さんは、7月7・8日に神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールでソロコンサートを開催することが決まっています。 現段階で、中止のアナウンスがないということは、こちらは新型コロナの状況を見ながら政府の要請に従って開催される方向なのでしょう。 今後も治療を続けながら仕事は続けるそうですが、YouTubeでは「まとまって、もしかしたら治療に専念してという時があると思う」と、将来的には仕事よりも治療を優先することがあることを告げています。 まだ病気がわかったばかりの段階で、その時期は未定のようですが、ファンは活動休止をする時期を覚悟しておかなければなりませんね。 ネット上では「場所が脊髄なだけに慎重に治療して欲しいです」「一刻を争う状態でないにしても、治療を優先してほしい」「早期にわかって良かった。必ずよくなってほしい」など、柏木さんを心配するコメントが多く寄せられています。 不安をかかえつつの活動になりますが、体調を気遣いながら頑張ってほしいですね。