コロナ第2波が北九州に発生!?今後の政府の動きとは

北九州市で21人感染、新型コロナ第二波発生か

5月28日は、日本国内で新たに63人の新型コロナウイルス感染が確認されました。
その中で21人は北九州市での感染です。
同市の1日あたりの感染者としては、4月1日と並んで最多となりました。
北九州市は、23日連続の感染者ゼロを記録していましたが、5月23日から6日連続で計43人の感染者が確認されています。
市によると、2つの病院でクラスターが発生し、小倉南区の10代の女子小学生や、同区の男子中学生の感染も新たに確認されました。
感染者のうち4人が感染経路不明で、濃厚接触者などが17人です。
クラスターが確認された門司メディカルセンター(門司区)ではこれまでに10人、北九州総合病院(小倉北区)で6人の感染者が出ています。
福岡や東京など、最初に7都府県に緊急事態が宣言されたのは、4月7日でした。
九州は東京らより先に感染が沈静してきたとして、5月14日に解除が発表されましたが、それから約2週間でこのような事態になるとは心配ですね。

北九州市、クラスター班派遣と抗原検査キット配布を国に要請

北九州市では、解除後の16日にデパートが営業を再開。
観光地も徐々に再開を始め、25日からは、小中学校でも登校を再開していました。
しかし、28日から43の観光施設などを再び臨時休館にしています。
6月1日から学校給食も再開する方向ですが、生徒に感染が確認された2学校は、現在臨時休校になっており、学校の消毒が行われているそうです。
菅義偉官房長官は28日の記者会見で北九州市の要請により、厚生労働省からクラスター(感染者集団)対策班を派遣したと明らかにしています。
また、短時間で感染の有無が分かる抗原検査キットの配備を国と県に要請しており、万全の体制で、なんとか「第2波」を抑えこもうと懸命です。
感染者とその周辺を徹底的に追跡して感染を抑止する方法は、日本が2月~3月に実施し主に中国からの感染を抑止することに成功したやり方です。
北九州市でもなんとか感染が止まってほしいですね。

北九州市の緊急事態宣言再指定の可能性は?

西村経済再生相は25日の記者会見で、宣言の対象地域に再指定する際の判断について、「4月7日に宣言を発令した時よりも厳しい目で見ていく」と述べ、「直近1週間の新規感染者が人口10万人あたり5人以上」などの目安を示しています。
北九州市は、28日までの1週間の新規感染者が人口10万人あたり4.59人。
大臣の発言だけを注視すれば、非常に厳しい数字ですね。
一方、28日の東京都の感染者数は15人でした。
東京でも、非常事態宣言が解除されて以降、実際の感染が確認される目安の2週間を待たずして感染者数は徐々に増えている傾向にあります。
他自治体でも宣言解除後は、人出も増加しており、感染リスクは高くなっている為、北九州市での事態は人ごとではないでしょう。
今後、コロナ対策については、その都度様子を見ながら変わっていくと思われますが、いつまでも外出を自粛していては、今度は失業し、財政難から死を選ぶ人が出てきてしまいます。
ワクチンができるまでは、経済を回しながら、ウイルスをできるだけ避ける生活を続けなければなりませんね。

浦瑠一朗氏が瀬戸大也の新コーチに就任!今後のふたりの活動が気になる!

競泳・瀬戸大也、新コーチに埼玉栄同級生・浦瑠一朗氏

東京五輪で金メダルが期待される競泳男子のエース瀬戸大也選手(26)の新たなコーチに、埼玉栄高の同級生で元日本代表の浦瑠一朗氏(25)が就任したことが27日、分かりました。
瀬戸選手は、4月23日、小学5年生から師事していた梅原孝之コーチ(49)と師弟関係を解消し、所属していたJSSからも独立することが報道されていました。
浦氏は瀬戸選手と同じJSS毛呂山出身で、全国大会で優勝するなど日本代表としても活躍、瀬戸選手と同じく梅原コーチに師事していたこともあります。
少年時代から同学年の瀬戸選手、萩野公介選手(25)らとともに切磋琢磨しており、気心がしれているという安心感は抜群でしょう。
筑波大を経て、金融機関に就職。
本格的な指導者としての経験はないものの、瀬戸選手にはない社会人としての経験も強みになってくると思われます。

瀬戸大地、東京オリンピック延期に「抜け殻になった」

東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルスの影響で3月24日に延期されることが決定しました。
金メダルが有力視された五輪に向け、順調過ぎる調整を積んできた瀬戸選手だけに、延期決定後は、「抜け殻」になるほど落ち込んだそうです。
梅原コーチとは、400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した2016年リオ五輪の後、2020年までタッグを組むことで合意していました。
しかし五輪の延期を受け、4月上旬に両者で協議し、瀬戸選手から自立の意向を示し、15年に及んだ師弟関係に区切りをつけたようです。
瀬戸選手は東京五輪に向けて、梅原コーチとの練習も最後の大詰めと厳しいカリキュラムをこなしてきました。
浦氏の起用は、ここから先の1年、モチベーションを保つ為に同じ環境でやるよりも新しいチャレンジをすることの選択です。
違ったアプローチの方が覚悟を持って挑戦できると、退路を断ったようです。
体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平選手(31)も、幼なじみで1学年下の佐藤寛朗氏に指導を仰いでいます。

瀬戸大地と荻野公介、一年後、二人の成果問われる

瀬戸選手には、 幼少期から競い合ってきた萩野公介選手(25)というライバルがいます。
瀬戸選手は昨年の400メートル個人メドレー世界選手権覇者、荻野選手はリオデジャネイロ五輪金メダリストです。
リオ五輪で銅メダルだった瀬戸選手は、悔しさをバネにこの4年間積極的にトレーニングに励み、徐々に結果を出してきました。
「今年五輪があれば、間違いなく金メダルだった」と、関係者は語っています。
絶好のタイミングでオリンピック延期が決まったことは、本人としても残念で仕方ないでしょう。
一方の荻野選手はここ数年不振が続き、一時は二ヶ月の休養を取ったことがあったほど。
荻野選手自身は、今、すべきことを「できないことを一つずつクリアして、着実に力をつける」と語っています。
延期が決まったこの1年、荻野選手は、それを実行に移すための時間の余裕ができなのではないでしょうか。
五輪で優勝するためには、本番で最高のパフォーマンスができるコンディジョンが求められます。
勿論、国内外にもあまたのライバルがいます。
一年後、二人は東京五輪の舞台で輝くことができるでしょうか。
エールを送りたいですね。

手越祐也がジャニーズを退所!?自由奔放な性格が気になる!

ジャニーズ事務所、NEWS手越祐也の活動自粛を発表

NEWSの手越祐也さん(32)が一部で報じられた新型コロナウイルスによる緊急事態宣言中の2度にわたる飲み会参加を認め、ジャニーズ事務所は26日、すべての芸能活動を自粛することを発表しました。
自粛期間は未定ということです。
手越さんは今月12日に週刊文春で、4月下旬に複数の女性を誘って飲み会を行っていたことが報じられました。
これを受けて、ジャニーズ事務所は15日にジャニーズタレント76人による期間限定の新型コロナウイルス復興支援プロジェクト、Twenty★Twenty(通称・トニトニ)への参加を見合わせていました。
しかし手越さんは、23日に文春オンラインで再び、朝5時半まで東京・六本木のラウンジなどで女性らと酒盛りしていたことが報じられました。
これまでも、手越さんの言動は度々疑問視されてきましたが、コロナ禍で事務所としてもタレントが一丸となって、自宅待機者や医療従事者を元気づける試みが行われる中で、この言動は、受け入れられなかったのでしょう。

手越祐也これまでの自由奔放な性格、ジャニーズファン「もう何も驚かない」の声

手越さんの活動休止という衝撃のニュースは、瞬く間にSNSで拡散されました。
近年、ジャニーズタレントの不祥事や退所報道が続き、その都度ファンの悲痛な声がSNSで聞かれてきました。
ところが、手越さんに関しては「もう何も驚かない」「これまでも問題行動ばっかりだった」「今までなぜ退所にならないか不思議なくらいだった」という厳しい声も目立ちました。
ジャニーズ通の方話によれば、「ジャニーズファンの間で『#キャバクラ手越』というハッシュタグが話題になったり、『手越なら面白いから許す』『キャバクラ手越で働きたい!』などとふざけて発言する人がいて気になっていた」という声も。
ジャニーズファンの中では、やはり手越さんの自由奔放な性格から起こる度重なる素行不良を快く思っていなかった人は大勢いるようです。
最近では、「Snow Man」の岩本照さんが、数年前の未成年との飲酒報道が問題になり、報道が出てすぐに活動自粛となりました。
ファンの間では「なぜ手越にだけ甘いんだ?」と事務所の対応を疑問に思っていた人もいいたようです。

手越祐也、退所の意向固める!知人に「実業家になりたい」などと話す

一方の手越さんですが、スポーツニッポンは、ジャニーズ事務所を退所する意向を固めたと報じています。
知人によると、手越はすでに個人事務所の設立を準備中。退所後は自身の知名度を生かして「実業家になりたい」などと話しているそうです。
手越さんは、処分を不満に思っているらしく、特に、新型コロナウイルス支援のユニット「トニトニ」のメンバーから自分を外した、滝沢秀明副社長(38)に強く反発していて、今後も“滝沢体制が続くのなら出て行っていくと考えているようです。
この報道に対し、ツイッターではスポニチの紙面見出しの「逆ギレ退所」というワードがトレンド入り。
手越さんは、近いうちに事務所側と協議するとみられます。
NEWSは手越さんの自粛期間中は残りのメンバー3人で引き続き活動を続けるようですが、協議次第ではまた物議を醸しそうです。

プロ野球が遂に開幕決定!長嶋茂雄さんが歓喜するその思いとは?

プロ野球6月19日開幕へ!長嶋茂雄「ハッスルプレーでファンを魅了し、世間をより明るくしてほしい」

プロ野球は25日、12球団の代表者による会議で、新型コロナウイルスの影響で延期していた今シーズンの開幕日を、来月19日とすることを決めました。
当初、3月20日に開幕する予定だったので3ヶ月遅れてようやく今年のプロ野球シーズンがやってきます。
当面は観客を入れずに試合を行い、レギュラーシーズン120試合の実施を目指すことになります。
政府の方針を鑑みながら今後の試合を執り行っていくことになりますが、早ければ7月10日には観客を入れて試合を実施することが可能になる見込みです。
これを受けて、巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(84)が報知新聞に心境を投稿しました。
長嶋茂雄さんは「絶対優勝という強い気持ちで臨んでほしい。ハッスルプレーでファンを魅了し、世間をより明るくしてほしい」と、巨人に対する強い願いを語っています。

長嶋茂雄「コロナは皆の夢まで奪った」前スポーツ関係者の気持ちを代弁

寄稿の中で長嶋さんは、「日本中が『ONE TEAM』となり、この危機的状況と闘ってきた」と、コロナ禍の自粛生活を日本中が絶えたことを記し、「ただ、テレビをつけてもスポーツのない実情は悲しかった」という悲痛な気持ちをつづりました。
そして、「高校球児によるセンバツ大会がなくなり、インターハイ、大相撲、ゴルフ、大学野球選手権や夏の甲子園まで中止になった。東京五輪も延期になり、選手、関係者の苦悩を思うだけで心は痛んだ。コロナは皆の夢まで奪ったのだ。本当に、憎い。医療現場で必死に立ち向かう多くの医療従事者のためにも、あと少しの辛抱である。」と、様々なスポーツ大会がなくなったことを「憎い」と表現し、医療従事者に協力する姿勢も示しています。
当たり前に野球や、スポーツがあった日常が、新型コロナによって突如として奪われてしまった現実は、元プロ野球選手として耐えがたいものだったでしょう。
実にストレートな気持ちが表れていますね。

長嶋茂雄、東京ドーム観戦に思いを馳せる

6月19日の開幕カードの最有力案はほぼ固まっています。
セ・リーグは巨人―阪神(東京ドーム)、DeNA―広島(横浜)、ヤクルト―中日(神宮)。
パ・リーグは西武―日本ハム(メットライフドーム)、ソフトバンク―ロッテ(ペイペイドーム)、オリックス―楽天(京セラドーム)です。
当初予定されていた発表済みのカードから、使用球場や対戦相手が変更となりました。
感染予防の観点から、移動のリスクを軽減するため、セ・リーグは首都圏で開幕し、そのまま2週間前後集中して開催。
パ・リーグは開幕から月曜日を挟んだ同一カード6連戦も検討されています。
長嶋さんは寄稿で、「開幕カードは歴史と伝統の刻まれたGT決戦になるようだ。私自身、思い出は尽きない」と語り、「一日も早く東京ドームに行き、スタンドを埋め尽くす巨人ファンとともに、喜びを分かち合いたい。」と、思いを馳せました。
我々も、スポーツのない状況を寂しく感じていた人は多いはず。
緊急事態宣言が解除されても、勿論感染リスクは避けなければなりませんが、有効な新型コロナ対策をきっちりと行い、スポーツを楽しめるようにしていきたいですね。

27時間テレビが中止!?今後のテレビ局の動きが気になる!

フジテレビ、夏の風物詩「27時間テレビ」の中止を決断!新型コロナの影響により

1987年からフジテレビ系列で放送され今年で34回目を迎える予定だった「FNS27時間テレビ」が、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で今年の放送を断念したことが24日、分かりました。
FNS27時間テレビは、1987年に始まった前身番組「FNS一億人のテレビ夢列島」でスタートした、系列局と共同制作する毎年恒例の長時間特番ですが、初めての放送中止となります。
関係者によると、当初は約半年前から東京五輪後の8月中旬の放送に向けて系列局と準備を進めてきたそうです。
しかし、2月末から新型コロナウイルスの影響が徐々に出始め、3月下旬には、東京五輪の延期も決定されました。
さらに、4月7日に緊急事態宣言が発令され、外出自粛となったことで、放送中止の決断となったようです。
30年以上にわたって放送してきた看板特番を中止するとは相当の覚悟だったでしょう。

27時間テレビ、近年は視聴率低下が続いていた

FNS27時間テレビは、フジテレビの看板でもあったバラエティー要素をふんだんに取り入れた内容で、歴代総合司会にお笑いビッグ3と呼ばれるビートたけしさん(73)、タモリさん(74)、明石家さんまさん(64)らを起用して瞬間最高38%超えを2回記録した年もあったほど人気を博したこともあります。
タイトルは元々、日本テレビ系で行われているチャリティ番組『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』を真似たものでもあることから、24時間テレビの企画でもあった、スペシャルドラマを1999年から企画したり、加藤浩次さんが100キロマラソンに挑戦するといった企画もありました。
ただ、近年は視聴率の下落が続いており、昨年は平均視聴率5.8%という結果でした。
27時間テレビは、2017年から生放送を取りやめており、今年は総集編として制作してVTRを流すという案もあったようですが、最終的には、接触が困難な今の状況では、27時間ぶっ続けで放送をすることは難しいという判断が下されました。
フジテレビは、今回の放送断念を一旦仕切り直しと考え、来年以降27時間テレビのあり方について、改めて考え直す時間ができたのではないでしょうか

27時間テレビの放送を受け、24時間テレビはどうなる!?

一方、27時間テレビと並んで、夏の風物詩である、日本テレビ系の24時間テレビ 「愛は地球を救う」ですが、3月の日本テレビの会見で、小杉善信社長は「どういう形になろうが、必ずやるというふうに考えている」と話しています。
小杉社長は、24時間テレビがチャリティー番組という特性上、このコロナ禍の状況に、放送する使命感を感じているようです。
25日、政府は残る都道県の緊急事態宣言を解除する方針で、これで日本の新型コロナは一旦収まったかに見えますが、第二波がやってくるという見方も強く、感染防止をしながらの番組製作はさまざまな困難が予想されます。
番組製作スタッフは、日テレ局員ではなく、殆どが、
外注の制作会社所属なのですから、より一層の配慮が求められます。
目玉のチャリティマラソンの開催は、現段階で無理という意見もあります。
今年の24時間テレビは放送されるようであれば、いつもとは違った放送になることでしょう。